ローディング中

Loading...

簡単なように見えてなかなかうまくいかないのが「水溶き片栗粉」。失敗するとダマになったりとろみがでなかったりと、料理を作る段階で重要なカギとなるポイントです。今回はそんな水溶き片栗粉の作り方や失敗しないコツなどまるごとご紹介します。

とろみのカギとなる「水溶き片栗粉」

麻婆豆腐やエビチリ、揚げ出し豆腐など、"とろみ"が命の料理はたくさんありますよね。そのとろみに欠かせないのが「水溶き片栗粉」。しかしこの水溶き片栗粉はとても繊細で、入れるタイミングや分量の割合を間違えると、ダマになったりとろみがつかなかったりとなにかと面倒ですよね。

今回は、そんな「水溶き片栗粉」の失敗しないコツをご紹介します。この方法をマスターすれば、料理上手への近道になりますよ♩

なんで片栗粉でとろみがつくの?

市販の片栗粉のほとんどは、じゃがいもに含まれるでんぷんでできています。でんぷんは加熱すると水分を吸い込んで糊化(こか)する性質があるため、熱がある調理段階で片栗粉を入れるととろみがつくのです。

ではなぜとろみをつけるのに事前に水で溶くかというと、片栗粉だけ入れると少ない水分で糊化しダマになるので、あらかじめ水で溶くのです。

水溶き片栗粉の役割

料理のひとつの手法として、水溶き片栗粉を使ってとろみをつけることがあります。単純に料理の食感を変えるだけのようにも思えますが、それだけではなく、とろみをつけることでのどごしがよくなり食べやすくなるのです。

さらにもうひとつ、とろみをつけると料理が冷めにくくなります。あんかけうどんなどをイメージすると分かりやすいですね。とろみの成分が熱を逃がさないということですね。

水溶き片栗粉の基本の割合

まずは基本の水溶き片栗粉の作り方を押さえておきましょう。ここで重要になってくるのが、水の分量です。多めにしたらいいのか少なめにしたらいいのか、水の分量によってできとろみ具合いが大きく変わります。
水溶き片栗粉に対して水の量が多いと、当然ですがとろみはできません。基本的な分量として、片栗粉1に対して水は1〜2がいいでしょう。

もちろん料理によってとろみ加減は異なるのですが、ダマができにくくとろみがつくのはこの分量です。料理に合わせて水の量を調節してみてくださいね。

ダマとは無縁に!失敗知らずのコツ3つ

うまく水溶き片栗粉ができたら、次はそれを料理に加えるタイミングが大切です。水溶き片栗粉を溶かしてうまくとろみができても、それを料理で活かさないと意味がありません。実際に、どのように料理に加えれば良いのかを見ていきましょう。

1. 料理の温度に気を配ろう

失敗しないコツとしては、温度に気を配りましょう。冷めた料理に加えるのはNGです。水溶き片栗粉がスムーズに溶けずに、ダマになってしまいます。目安としては60度以上がいいでしょう。しかし沸騰した状態で水溶き片栗粉を入れると、温度にムラができてしまうので沸騰寸前がポイントです。

2.「混ぜながら」がポイント

全体が温まったら水溶き片栗粉をゆっくりとかき混ぜながら加えていきましょう。料理をかき混ぜながらちょろちょろと少量ずつ加えるのが大切です。混ぜながら加えれば、水溶き片栗粉が全体に行き渡ります。全体的にとろりとしてきたら完成です。

3. 加える位置にもポイントが!

流し入れる位置にもポイントが。鍋のふちをぐるりと回すように加えましょう。具に直接かけてはいけません。具に水溶き片栗粉がついて、具の表面に水溶き片栗粉が固まる可能性があるからです。具のないところに均等に加えて、素早くかき混ぜるのが基本です。

それでもダマになってしまう場合は?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

材料は2つ!最高のふわふわオムレツの作り方&失敗しないコツ

オムレツ レシピ

お店で出てくるとうれしいふわふわオムレツ。作るのは難しい、と思っていませんか?実はご自宅でも簡単に作ることができるんです。今回はふわふわのオムレツを作るコツと、アレンジレシピをまとめました。これができると、料…

【基本】ハンバーグの作り方をおさらい!肉汁を閉じ込める方法とは?

ハンバーグ

肉汁たっぷりなハンバーグを頬張ると、幸せな気持ちになりますよね。今回は、ハンバーグの基本の作り方を、タネのこね方から成形、焼き方まで細かいポイントもふまえてご紹介します。卵・パン粉なしでもおいしくできるハンバ…

食卓で大活躍!アレンジ豊富の「エリンギ」人気レシピ23選

レシピ きのこ まとめ

クセがなく歯ごたえが楽しい「エリンギ」。今回はそんなエリンギの簡単レシピをご紹介!お弁当にぴったりの炒めものや、ランチで食べたいパスタなど、料理に活用しやすい食材のひとつですよね。ジャンル別にまとめたので、ぜ…

爪楊枝でスルッ!「エビの背わたの取り方」簡単テク

エビの背わたの簡単な取り方ってご存じですか?エビの背わたを取るために、殻をむいてしまっていませんか?今回は、背わたを上手に取る方法のほか、簡単な殻の剥き方、おすすめの下処理の仕方などをご紹介します。ぜひ参考に…

「味噌煮込みうどん」のレシピを教えます。簡単なコツでさらにおいしく!

レシピ

コク深い赤味噌ベースのスープに、もっちりうどんをコトコトと煮込んだ「味噌煮込みうどん」。お手軽ランチはもちろん、夜ご飯にもピッタリなボリュームです。今回は、味噌煮込みうどんの基本レシピや、人気のアレンジ、簡単…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

サラバ知ったかぶり!今さら聞けない良く見るカクテルレシピ『9』選

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

フルーツにもサラダにも合う。キャロットラペのアレンジレシピまとめ

レシピ まとめ サラダ

キャロットラペとはニンジンを千切りにしたサラダのことです。サラダバーやビュッフェでよく見かけますが、おうちで作る機会は少ないという人も多いかも知れませんね。でも実はアレンジ力抜群の優秀な子なんですよ♪

赤ちゃんが食べやすい!「とろみ離乳食」のレシピまとめ

離乳食 レシピ まとめ

赤ちゃんの中には食べ物を飲み込むことが苦手な子もいます。そんな時には「とろみ離乳食」がおすすめ。とろみをつけることで飲み込みを手助けし、食べやすくしてくれるそうです。今回は、赤ちゃんが食べやすくなるとろみ離乳…

作ってみたい!アイデア溢れる「沼サン」の人気レシピ

サンドイッチ おしゃれ レシピ まとめ

インスタなどを中心に話題となったボリューム満点なサンドイッチ「沼サン」。沼夫サンドの略称で、陶芸家である大沼道行さんの奥さんが名付けたんだそう。おいしそうだと人気に火がつき、真似する人が続出!みんなのアレンジ…

今がぴったり!栄養たっぷりで美味い!【オススメなめろうレシピ11選】

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪そんなお酒にも合うなめろ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ページTOPに戻る