日本酒

料理酒は日本酒に塩分を加えたものなので、もちろん料理酒ではない日本酒でも代用ができます。ただ、最近流行の淡麗タイプの日本酒は料理酒に期待される効果が少ないため、純米酒を選ぶといいでしょう。

ブランデー

焼き菓子などのスイーツの場合、白ワインの代わりにブランデーを入れることで風味を出すことができます。特にチョコ系のスイーツにブランデーを入れると、白ワインとは違った風味に仕上げることができます。いつも白ワインを使っている方は、お好みでブランデーに変えてみると、バリエーションも増えるのでおすすめですよ。

コアントロー

コアントローはフランス産のリキュールで、ホワイトキュラソーの一種です。オレンジの香りとまろやかな甘さが特徴で、カクテルや製菓にもよく使われます。甘味が強いので白ワインの代用にする場合は、料理ではなくブランデー同様、スイーツ作りの際に最適です。

みりん

みりんは料理酒のように素材にコクを与える役割もありますが、甘味と照りをつけるために使われることも多い調味料です。白ワインの代用になりますが、糖分が白ワインより多く含まれるので味を付けるときには注意が必要です。また、塩分も少量ですが入っているということも覚えておいてください。

赤ワインで代用はできないの?

白ワインがないなら同じワインである赤ワインが代用の候補としてまず頭に浮かぶかと思います。しかし、赤ワインは白ワインの代用におすすめできません。 そもそも白ワインと赤ワインでは特徴に違いが多く、期待する効果が望めません。特に「白ワイン蒸し」や「赤ワイン煮込み」のようにワインが決め手になる料理では代用はできませんので、ご注意ください。

赤ワインと白ワインの違いは?

赤ワインはブドウの皮や種を丸ごと発酵させ、絞って作られます。ブドウの皮には赤い色素であるポリフェノールが含まれているので、それがワインの色になります。ポリフェノールだけでなくタンニンという成分も多く含まれていて、渋みの元になっています。このタンニンは肉のくさみをおさえてくれる効果があるのです。 一方、白ワインはブドウの果汁を絞ってから発酵させて作ります。つまり、色素を含んだ皮は発酵前に取り除かれるので、赤い色が付きません。結果、赤ワインとは含まれる成分に違いがあり、味や風味も違ったものになります。 なお、赤ワインにはポリフェノールのように他の酒類には含まれていないような成分が多く含まれるため、代用できるものがあまりありません。

編集部のおすすめ