ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

日本酒の種類はどれくらいあるの?

かつては特級や1級など、級別で分類していた日本酒。現在では「特定名称酒」と「普通酒」の2種類に大別されます。さらにそれぞれの原料や製造法、貯蔵期間などで、16種類に細かく分類。

本記事では普通酒を除いた、「特定名称酒」の酒税法における8分類について解説します。

条件によって異なる日本酒の種類と名称

精米歩合によってお酒の呼び方が変わる

特定名称酒は「本醸造酒」「吟醸酒」「純米酒」の3つに分類されますが、「精米歩合」によってさらに呼び方が変わります。

玄米を削って精白し、残った米ひと粒の割合が元の何%かを表すのが精米歩合。この数字が低いほど精白率が高く、品質のよい原料米を使用するため、お酒の値打ちと味ともによいとされるのが一般的です。

醸造アルコールの有無で名称が決まる!

醸造アルコールを添加した「本醸造酒」と「吟醸酒」

醸造アルコールとは廃糖蜜や穀物などを原料に、蒸留を繰り返して造られる、無味無臭で無色透明の飲用高純度エタノールのことです。清酒には原料米の1/10以下の重量であれば、このアルコールの添加が認められていて、本醸造酒と吟醸酒がこれに該当します。

醸造アルコールを一切加えないのが「純米酒」

一方で醸造アルコールを加えず、米と麹、水だけで醸造される清酒が純米酒です。アルコールを添加する本醸造酒と吟醸酒よりも、上位のグレードではより高価なイメージがあります。

蔵元の個性が表れる「本醸造酒」2種類

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS