泡立て方で分離は防げる

生クリームは泡立て方ひとつで分離を防ぐことができます。温度管理をしっかりとしながら、上手に泡立てるためのポイントをご紹介します。

とにかく冷たい状態をキープ

生クリームを泡立てる際には、事前に生クリームを常温に出すようなことは避けましょう。必ず直前に冷蔵庫から出して、すぐに泡立て始めることが大切です。

また、泡立てているうちに温度が上昇してしまうことを避けるため、泡立てに使うボウルなどは必ず冷やした状態で使ってください。

夏場などはボウルが温まってしまうこともありますので、大きなお鍋やボウルに氷水を張り、この中に別のボウルを入れて泡立てていくと良いですね。そうすることで温度が上がってしまうこともなく、綺麗な生クリームに泡立ちます。

分離間近のサインを見逃さないで

生クリームは泡立てる段階で、とろりとした状態から少しずつホイップしやすい状態へと変わっていきます。しかし、この段階を過ぎてしまうと分離するため、分離直前の状態を見極めてください。分離直前の生クリームは表面のツヤがなくなり、ボソボソした状態になります。

こうなると元の状態に戻すのはほぼ不可能ですので、角が立つくらいまでしっかりと泡立てばその段階で泡立てることはストップしましょう。

知ってた?失敗なしの泡立て方

生クリームを分離させてしまった場合は、先ほど紹介した方法でおいしく食べることができます。しかし生クリームの泡立てに不安を感じる方は、「ある裏技」を使って上手に泡立ててみましょう。ほぼ失敗なしで上手に泡立てることができますよ。 ただし、こちらの方法はホイップクリームとしてケーキのデコレーションなどに使う場合に用いてください。生クリームがしっかりと泡立ちますので、ソースとして使うには不向きです。

レモン汁を加えるだけ

生クリームの泡立てに失敗しないためには、あらかじめレモン汁を準備してください。200ccの生クリームに対し、レモン汁を4〜5滴たらして泡立ててみましょう。みるみるうちに生クリームが泡立ち、分離してしまう事もなく滑らかな状態になります。

もちろん、ボソボソとするまで泡立てを続けてしまえば、結果的には分離しますので、そこだけは気をつけてくださいね。

調理器具の水分をしっかり取り除く

生クリームの泡立てにはボウルや泡立て器が必要です。また先述の通り、生クリームにとって余分な水分は大敵です。調理器具に水滴が残っていると上手に泡立てることができず、分離してしまいます。

どんなに泡立ててもしっかりと角が立つようなことはなく、無理に泡立てた結果、分離してしまったというケースもあるでしょう。

生クリームを泡立てる際は、必ず調理器具の水分をしっかりとふき取った上で泡立て始めるようにしてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ