桜餅の葉っぱ、食べる?食べない?気になる葉の種類まで丸ごと調べてみた

春の風物詩、桜餅。桜餅を食べる際、みんさんは葉っぱまで食べますか?お家に招かれて桜餅を出されたときに葉っぱを食べるのは正解なのか間違っているのか気になってしまう方もいるかもしれませんね。実際のところ葉っぱはどうするべきかお答えします!

2017年3月12日 更新

桜餅の葉っぱは食べるべき?

桜色のお餅と桜の葉っぱが、春を感じさせてくれる桜餅。和菓子屋さんのショーケースに並んでいるのを見ると、つい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。

桜餅というと、関東ではクレープ状にあんを巻いた「長命寺(ちょうめいじ)」、関西では粒々の道明寺粉で作ったお餅であんを包んだ「道明寺(どうみょうじ)」が一般的です。お餅の形が異なりますが、桜の葉っぱが巻かれているということは共通しています。

さて、みなさんは桜餅の葉っぱを食べていますか?実はこれ、意外と意見が分かれる質問なのです。今回は、意見の分かれるこの疑問について調べてみました。

桜の葉っぱを食べる食べないは自由

もし、桜餅葉っぱを葉っぱを食べるか食べないか、どちらが正解かというと、結論から言うと、これといった決まりはないようです。つまり、食べるのも食べないのも本人しだい。

ただし、道明寺は葉っぱがお餅にくっついてはがしにくいため、人前で食べる際はつけたまま食べる方がスマートかもしれませんね。また、茶道の場で提供された場合は、葉を切るのが難しいため、はがして食べることも多いのだとか。強いて言えば、その場に応じて食べるのが、最適でしょう。

桜餅の葉っぱは何のため?

では、桜餅の葉っぱは何のために巻かれているのでしょう?彩りやただの飾り?いえいえ、ちゃんとした役割があるのです。

桜の香り付けのため

桜餅は、見た目だけでなく香りも楽しめる和菓子です。あの独特な香りは、桜の葉っぱ由来のものです。桜餅は、人工的な香料などを使用しているのではなく、葉っぱで桜の香りづけをしているのです。

生の桜の葉に香りはありませんが、塩漬けすることであの独特な桜の香りが出てきます。
桜色のお餅には香りはありませんから、この塩漬けの桜の葉っぱを巻くことでお餅に香りをうつしているのですね。この葉っぱがあるおかげで、春を感じられるのかもしれませんね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう