使えなくなった油の捨て方

油は冷えると固まります。排水溝に流すと油が冷えて固まり、排水管が詰まってしまいます。また、浄化しきれない油が自然界に流れ出し、環境破壊にもつながります。賞味期限の切れた油や何度か使用した油は、適切に処理する必要があります。 牛乳などが入っていた使用済みの紙パックに新聞紙を入れ、そこに油を流し込みます。暑い時期に捨てる時は自然発火の恐れもあるので、少量の水も入れます。牛乳パックの口をガムテープなどでしっかりと閉じ、可燃ごみとして捨てることができます。 牛乳パックだけでなくビニール袋も使用できます。ビニール袋に新聞紙を入れ、油と水を染み込ませます。輪ゴムなどでしっかりと口を閉じて可燃ごみとして捨てましょう。袋を二重にすると漏れを防げますので、ぜひお試しください。 市販されている凝固剤を使うと油が簡単に固まるので、可燃ごみとして処理しやすくなりますね。自治体により油の捨て方について指定がある場合は、それに従って捨てましょう。

油の賞味期限、保存法、捨て方を知ろう

油の賞味期限や取り扱いについてご紹介しました。揚げ物をすると大量の油を使うので、毎回新しい油を使用していると油代がかかってしまいますね。 使う回数や期間を守れば、油を再利用してもおいしい揚げ物を作ることができます。家計の負担もいくらか軽くなりますよね。 油は腐りにくいと思いがちですが、実はとてもデリケート。酸化や賞味期限に気を付けて上手に使っていきましょう!

編集部のおすすめ