未開封なら長くて2年!油の賞味期限とエコな捨て方を総まとめ

揚げ油やてんぷら油は、繰り返し使えます。保存した油の賞味期限や、何度使用できるかなどご存じですか?たくさん入っている油を買ったときは、賞味期限が過ぎても使用して大丈夫なのでしょうか。地球にやさしく節約できる油の使い方をご紹介します!

2017年12月23日 更新

金属缶

金属缶は油を酸化させる光や酸素の影響を受けにくい素材です。開封していない状態であれば、金属缶に入った油の賞味期限は2年ほどです。

紙容器

紙容器も、紫外線の影響と酸素の影響を受けにくい素材です。こちらも開封していない状態で賞味期限は2年ほどです。

遮光ガラス瓶

遮光ガラス瓶は光を通さず、熱の影響を受けにくい着色された瓶です。こちらも賞味期限は2年ほど持ちます。

透明ガラス瓶

透明なガラス瓶は、光を通し紫外線と熱の影響を受けやすくなります。透明ガラス瓶に入った油の賞味期限は1年半ほどです。

なるべく劣化しないように、光が当たらず温度の上がりにくい冷暗所にて保存しましょう。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう