ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

サラダ油とは?

サラダ油とは、 低温下でも固まったり白く濁ったりしないように精製された食用植物油の総称です。もともとは油脂メーカーがサラダ用に開発し、大正13年(1924年)に名付けたのが始まり。なお、現在「サラダ油」と表記できるのは、日本農林規格(JAS)の規定をクリアした製品のみと定められています。

サラダ油の原料

植物油は、原材料を圧搾・抽出後に精製して作られます。精製の段階で「サラダ油」「半精製油」「精製油」に分類されます。

なお、日本農林規格(JAS)では、サラダ油に使う原料を「紅花(サフラワー)・ぶどう・大豆・ひまわり・とうもろこし・綿実・ごま・なたね・こめ」と定めています。また、2種類以上を調合したサラダ油は「調合サラダ油」に分類されます。

ほかの油との違いは?それぞれの特徴

キャノーラ油

※画像はイメージです
キャノーラ油はカナダで品種改良されたなたね「キャノーラ種」で作られた油で、サラダ油の一種。日本でもっとも多く生産・消費されているサラダ油です。

クセがなく、軽い口当たりが特徴。未加熱で使うのはもちろん、揚げ物や炒め物にも適しています。

オリーブ油

サラダ油が植物の種子から作られるのに対し、オリーブオイルはオリーブの果実から作られる油です。熱をかけないように圧搾した高品質なものは「エキストラバージンオリーブオイル」と呼ばれ、独特の香りと風味が特徴。生野菜やパスタにかけたり、オイル漬けに使ったりします。

天ぷら油

天ぷら油は、植物油のひとつ。原料を抽出する際に脱酸、脱色、脱臭をおこなう「精製油」に分類されます。原料に明確な定義はありませんが、なたねや大豆、綿実油などを使うことが多いです。これらは、具材の味や香りのじゃまをしないクセのない味わいが特徴です。

サラダ油のカロリー

一般的なサラダ油100gあたりのカロリーは922kcal。オリーブオイルとごま油100gあたりのカロリーはそれぞれ921kcalで、サラダ油と比較してもほとんど差がありません。とはいえ、サラダ油大さじ1杯分のカロリーは111kcalとかなり高いので、使いすぎには注意が必要です。(※1,2,3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ