サラダ油の使い方

※画像はイメージです
サラダ油は無味無臭なので、さまざまな料理に使うことができます。炒め物や揚げ物をはじめ、ケーキやクッキーなどのお菓子作りにもむいていますよ。シフォンケーキをふんわりさせたりクッキーをサクサクに仕上げるのに欠かせない材料です。また、ドレッシングやマリネのような調味料にもおすすめ。

サラダ油の賞味期限はどれくらい?

プラスチック容器

プラスチック容器に入ったサラダ油は、未開封の状態で製造後約1年間が賞味期限と設定されています。なお、未開封でも自然に酸化してしまうため、賞味期限を過ぎると風味が悪くなってしまうことも。できるだけ賞味期限内に使い切るようにしましょう。

金属缶・紙容器・色付き瓶

金属缶・紙容器・色付き瓶に入ったサラダ油は、未開封の状態で製造後約2年間が賞味期限と設定されています。プラスチック容器にくらべて賞味期限が長いのは、容器の遮光性が理由。油は光が当たると酸化してしまう性質があります。そのため、遮光性の高い容器に入ったサラダ油は賞味期限が長いのです。

サラダ油を大量消費できるレシピ3選

1. レモンがアクセント。自家製マヨネーズ

サラダ油を使って自家製マヨネーズを作ってみませんか?卵黄や酢、塩こしょうなど身近な材料で作れるのがうれしいですね。レモン果汁の爽やかな香りと酸味がアクセント。サラダ油は少しずつ加え、その都度しっかり混ぜると口当たりが良くなりますよ。

2. 材料ふたつ!香ばしねぎ油

料理にほんの少しプラスするだけで、本格中華の味になるねぎ油。サラダ油とねぎだけで作れるんですよ。コツはねぎを中温で揚げること。揚げ温度が高いと、ねぎが焦げて苦みが出てしまううえに、見た目も悪くなってしまいます。ねぎが薄く色付いたら、火からおろして容器に移しましょう。

3. しっとり。鶏むね肉のコンフィ仕立て

鶏むね肉を多めのサラダ油でゆっくり加熱すると、しっとりやわらかに。肉の半分が浸るぐらいまで鍋に油を入れるのがポイントです。お玉やスプーンで肉の表面にサラダオイルをかけながら調理すると、ムラなく全体に火が通ります。揚げ物ともグリルとも違う上品な味わいは、おもてなしにぴったりですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ