3 厚揚げと豚ひき肉の炒め物

子供から大人まで人気の麻婆豆腐風の、ごはんが進む一品です。 ひき肉を火が通るまで炒めたら、食べやすい大きさに切った厚揚げと豆板醤、酢、醤油、砂糖などの調味料を入れ、ざっくりと混ぜます。水溶き片栗粉でとろみをつけたらネギを散らして、できあがり。甘辛にピリッとした味付けで、食欲がそそられます。 豆板醤の量を減らせば、お子様でも安心して食べられるマイルドな味わいに仕上がるため、ご家庭によって調整してみてくださいね。

4 厚揚げの肉巻き照り焼き

ボリュームたっぷり!お弁当のおかずにもおすすめの一品です。 サイコロ状に切った厚揚げを半分に切った豚バラ肉で巻きます。フライパンに巻き終わりを下にして並べ、カリッとしっかりと焼き色が付いたら、転がしながら肉全体を焼きます。余分な油をキッチンペーパーで取り除き、混ぜ合わせた調味料を加え、照りが出るまで煮詰めて、たれを絡めます。 火を止め、おろし金で柚子の皮をおろして散らせばできあがり! 冬に旬の柚子で香りづけをしていますが、ゆずが無くても1年中美味しくいただけます。味がしっかりとついているので冷めてもおいしくいただけ、お弁当はもちろん、作り置きおかずとしてもおすすめですよ。

5 厚揚げのチーズ焼き

急遽あと一品作りたい!という時におすすめのレシピです。 厚揚げの端を残して切り込みを入れて、スライスチーズをはさみます。フライパンにバターを溶かし、厚揚げを焼いていきます。両面が焼けたら、醤油を回しいれて、火を数秒強めてから止めましょう。 4等分くらいに切って盛り付けたら、小口切りにしたねぎをたっぷりのせて、できあがり。バター醤油味の厚揚げから、チーズがとろーりととろけてきて、美味しそうですね。おつまみとしてはもちろん、子供たちも喜ぶメインのおかずになりそうです。

厚揚げが余ったら冷凍保存しよう

いかがでしたか?いつも余らせてしまっていた厚揚げも、冷凍してしまうことで保存期間が長くなり、料理の幅も広がります。 安くて、満腹感のある厚揚げは家計の助けにもなります。買ってきたばかりの厚揚げも、冷凍保存した厚揚げも、今回ご紹介した保存方法や活用方法を参考に、ムダなくおいしく料理していただきましょう。

編集部のおすすめ