ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

和食の定番、イカ大根。よく味が染み込んだ大根に、やわらかなイカがしみじみおいしいひと品ですよね。大根の下処理さえすませば、鍋ひとつで簡単にできあがります。晩酌でイカ大根を出すと、喜ばれること間違いなしです!ぜひ、作ってみてくださいね〜。

コツを押さえておいしいイカ大根を作ろう

イカの香りが全体に広がり、煮汁に染まりほっくりと炊き上がった大根。イカ大根は、お酒を呑む時に出されると嬉しい鉄板料理ですよね。和食というと難しく感じがちですが、コツさえ押さえればそんなに難しくありません。

大事なのは、しっかりと大根を下茹でして味しみを良くすること。そしてイカを煮すぎて硬くしないこと。この2つに気をつければ、調味料は必要最低限でも、イカから旨味が出るので勝手においしくなってくれるんです

イカのさばき方も、魚をさばくことに比べて実はとっても簡単。この機会に、ぜひチャレンジしてみませんか?

『イカが柔らか!イカ大根』の作り方

分量(2人分)

イカ 1ぱい
大根 1/4本(350〜400g)
刻みネギ おこのみで
米(なければ省略可) 小さじ1
A 水 250cc
A 酒 50cc
A 砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1

作り方

①大根は皮を剥き、1.5〜2cmの厚さに輪切りし、半月状に切る。
②鍋に米を混ぜたたっぷりの水を用意し、大根を水から15分ほど煮て柔らかくする。
竹串を刺した時にすっと入るようになれば、茹で上がりです。米のとぎ汁を使用すると大根の臭みがぬけますが、ない場合は省略しても大丈夫です。
③イカをさばく。
写真のように胴体に指を入れて、くっついている部分を離していきます。離し終わったら、左手で胴体を持ち、右手で目やゲソの部分を持ってゆっくりと引っ張ると、①胴体と②内臓・ゲソ部分の2つに分かれます。
取り出した内臓は使わないので、目の下1〜2cmのところで切り落とし、ゲソと分けましょう。胴体に写真中央に写っている軟骨が残っていることがあるので、確認して取り除きましょう。あとは外側、内側の両方を流水で洗えば、イカのさばきは完成!
胴体は輪切りにし、ゲソやミミは食べやすい大きさに切りましょう。胴体の根本(目に近い部分)には硬い部分があるので、輪切りにする際に包丁でこそぎ落とすといいですよ。
④鍋に大根、イカ、Aを加えてひと煮立ちする。
⑤沸いたら弱火にして5分ほど煮て、アクを取り除く。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 焼きそば アレンジレシピ

スーパーで3食入りで販売されている焼きそば。そこに一緒についてくる粉末ソースの元。液体ではないので麺が柔らかくなりすぎずちょうどいいんですよね。でも、困るのが余ってしまったとき・・。今回はその余った粉末ソース…

レシピ まとめ

料理を簡単、格別においしくする調味料「焼き肉のたれ」。今回は焼き肉のたれを使った人気レシピを、和洋中のジャンル別にご紹介します。自家製「焼き肉のたれ」の作り方や保存方法を載せているので、ぜひ試してみてください…

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

レシピ まとめ

タモリさんと言えば、「笑っていいとも」を長年帯番組として司会を務め、ギネスブックに記録を残すほどのすごい人ですが、お料理の腕も絶品。さてそんなタモリさんのレシピを再現している方がやっぱりたくさんいらっしゃるみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る