連載

煮汁ジュワッチ♩めんつゆで楽勝『ピーマンの煮浸し』の作り方

野菜が高騰していて、物によってはなかなか手が出しづらいお値段になってきましたね。そんな時、いつもと値段が変わらないピーマンは狙い目です!軽く焼いて煮汁に浸したピーマン、是非食卓にプラスしてみては?

フライパンで簡単、和のおかず

ピーマンを使う料理といえば、なにを思い浮かべますか?ピーマンの肉詰め、青椒肉絲、ピザの具……など様々なジャンルで使えますよね。でも野菜のお値段が高騰している今、たっぷり使うのは厳しいときも。
そんなときは、ちょっとした副菜としてピーマンを活用してみませんか?
今回ご紹介するのは、ピーマンを焼いて煮汁に浸すだけの簡単煮浸し。「ピーマンを煮浸しにするの?」と驚かれる方もいるかもしれませんが、短時間でできる上に、煮汁をよく吸い込んだピーマンはとってもおいしいんです!
ピーマンの煮浸しといえば、かつてタモリさんが『笑っていいとも!』などのテレビ番組で、ピーマンの一番おいしい食べ方として紹介して話題になったことも。
お好みでパリッとした食感を残しても良いですし、くたくたに柔らかくしてもおいしい◎ 冷ますことで味が染みて、さらにおいしくなるので作り置きにもぴったりです。

それではさっそくレシピを見ていきましょう!

『ピーマンの煮浸し』の作り方

分量(4人分)

ピーマン 1袋(5〜6個)
A めんつゆ(2倍濃縮)大さじ2
A 水 50cc
A みりん 大さじ1
A 生姜 薄くスライスしたもの1〜2枚
A 煎り胡麻 小さじ1
サラダ油 小さじ1

作り方

①ピーマンは縦半分に切り、ワタ・タネを取り除く。
小ぶりなものは縦半分。大きさによって、縦にさらに切ってください。
②フライパンにサラダ油を熱し、ピーマンの皮目に焦げ目がつくまで中〜強火で焼く。
③焼き目がついたら、ひっくり返す。
④Aを加えてひと煮立ちする。
火を止め、粗熱が取れたらできあがりです!

ひと口食べれば煮汁がジュワーッ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう