ローディング中

Loading...

これからおいしくなるセロリですが、生のままそんなに食べられるものではありませんよね。そこで今回は、セロリをピクルスにしちゃおう、ということで、ピクルスにするためのおいしいセロリの選び方や、基本的なピクルスの作り方などを紹介いたします。

シャキシャキ感がクセになる

セロリがたくさん手に入ったら、みなさんはどうしていますか?
「セロリなんてサラダぐらいしか思いつかないよ」なんて考えている方は、ぜひ、おいしいピクルスの作り方を覚えてください。シャキシャキの食感と爽やかな酸味がクセになりますよ。

今回は、セロリの旬や産地、おいしいセロリの選び方、セロリを使った爽やかなピクルスの作り方などを紹介いたします。よく見るとセロリって、宝石のような緑色がとってもおしゃれなんですよね。

ピクルスにするおいしいセロリの選び方

セロリの旬と主な名産地

セロリはセリ科の植物で、江戸時代に日本へ持ち込まれた外来の野菜です。加藤清正が日本に持ち帰ったとされる説から、「清正人参(きよまさにんじん)」と呼ばれていたこともあるようです。セロリの生産は、長野県が全体の約4割を占めています。次いで静岡県、福岡県、愛知県となっています。

元々セロリの原産はヨーロッパで、涼しい気温で育てられていたため、日本では11月から4月ごろが旬とされていますが、実は夏秋は涼しい長野、冬春は暖かい静岡、春秋は各地と、一年中どこかで栽培されているんです。だから旬という印象があまりない野菜なんですね。あえて旬というなら、涼しい季節、つまり11月から4月ごろ、ということになるのでしょう。

おいしいピクルスになるセロリの選び方

セロリは、色が濃く青々としているものが新鮮とされています。古いものは葉が黄色く変色しているので、一目瞭然です。茎の部分がみずみずしく、硬くて張りのあるものを選んでください。芯に空洞が多いと、スカスカしておいしくありません。さらにセロリは、内側に巻きが強いものがよいとされています。巻きが強いセロリは香りもよく、シャキッとしているものが多いです。

アメリカや中国など海外からの輸入物は、検疫の関係で葉を落とした茎の部分だけになっています。葉が付いているセロリは、基本的に国産のものと考えてよいでしょう。

セロリにはスジがあります。これは食べるときには取らなければならないのですが、よいセロリはこのスジの凹凸がハッキリしています。そしてなんといっても、セロリの特徴と言えばあの「香り」です。同じセロリでも香りの強さはまったく違いますから、可能であれば、香りを確かめて買うといいですね。

セロリのピクルスの作り方

材料

・セロリ …… 1本
・酢 …… 100cc
・白ワイン ……100cc
・砂糖 …… 大さじ3
・塩 …… 小さじ1
・粒コショウ …… 小さじ1
・赤唐辛子 …… 1本
・ローリエ …… 1枚

1.セロリの下ごしらえ

セロリのスジをとります。スジをとらないと、食べたときに口に残ってしまうので、面倒でも必ずとりましょう。まず、セロリの葉がついているところは、葉の根っこの部分をつかんで内側から外側にブチッと引きちぎるイメージで下に引っ張ります。そうすると、自然にスジが葉にくっついて取れます。

太い茎の部分は、内側から大胆にボキッと折るようにして、一気に下に引っぱります。こちらも、スジがくっついてきて簡単にとれます。

スジをとったセロリは、好きな形にカットします。

2.ピクルス液を作る

お酢、白ワイン、砂糖、塩、粒コショウ、赤唐辛子、ローリエを鍋に入れ、グツグツと沸騰させます。これでピクルス液が完成です。

沸騰したピクルス液の中にセロリを入れて、さらに沸騰させます。沸騰させるのは、保存するために殺菌消毒する必要があるからです。

3.保存容器に入れる

できたピクルスは完全に冷めてから、清潔な保存容器に液ごと入れます。あとは、冷蔵庫で半日以上冷やせば食べごろです。1週間くらいは保存がききますが、なるべく早くお召し上がりくださいね。一度野菜を漬けたピクルス液で、繰り返し漬けることはやめましょう。

セロリに何を加える?アレンジピクルス3選

1.セロリとカラフル野菜

セロリ、きゅうり、大根、パプリカをスティック状にカットし、茹でます。沸騰させたピクルス液に野菜を漬け込み、冷ましてから冷蔵庫で保存します。色鮮やかな野菜は、見ているだけで幸せになれそうな気分になってしまいますね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

伝説の焼きアイスも復活!食べなきゃ後悔の「10月コンビニアイス」5選

アイスクリーム まとめ

肌寒くなってきた秋でも、まだまだコンビニアイスが続々と登場しているんですよ!夏のアイスとは違い、濃厚でリッチな味わいが楽しめるのが秋アイスの魅力ですよね。今しか味わえない期間限定のアイスなので、ぜひお近くのコ…

【シーン別】ピリ辛「豚キムチ」に合う献立7提案

キムチ 豚肉 レシピ まとめ

辛旨い「豚キムチ」の献立をご提案!シチュエーションに合わせた献立で、あなたの晩ごはんの悩みを解消いたします。お腹いっぱいなボリューム献立から野菜たっぷりでヘルシー献立、時短も節約だってばっちりです。子ども向け…

ボリュームも味わいも◎「マカロニスープ」のレシピ【味付け別】15選

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

今秋のスタバはサボテン!? ちょっと変わった「限定オータムグッズ」10選♩

まとめ

今年もスタバから、毎年大人気の「オータムデザイン」のオリジナルグッズは販売されました!秋の定番、紅葉柄から今年注目のサボテン柄まで、バリエーション豊富にそろえています。マグやタンブラー、ボトルなどの人気商品を…

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

話題のアーモンドミルクを使ったアイデアレシピ★10選

レシピ アーモンドミルク スムージー アレンジレシピ まとめ

今話題のアーモンドミルクをご存知ですか?海外では牛乳に代わって使われることも多い、乳製品を含まない植物性のミルクなんです。そんなアーモンドミルクを使ったレシピを10種類紹介します。

金柑の甘露煮から作るアレンジレシピ8選

レシピ アレンジレシピ まとめ

金柑はビタミンCが豊富なため、風邪の予防や美肌効果などが期待できる食材です。今回はその金柑の甘露煮をはじめとした金柑レシピをご紹介します。たくさん金柑が穫れた、頂いた、という時にぜひ挑戦してみてくださいね♪

誰でも簡単、失敗なし!本格的なオムライスのアレンジレシピ「5」選♡

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとアレンジのレシピ…

バイバイ夏バテ♪元気が出ちゃう食材まとめとレシピ「5」選

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

人気店だけ厳選!横浜中華街でおすすめの食べ放題10選

まとめ

横浜中華街では食べ放題プランを設けているお店がお客さんに大流行。そこで今回は、横浜中華街で人気の食べ放題店10選をご紹介していきたいと思います。北京ダックやフカヒレが食べられるお店や、時間無制限で食べ放題が楽…

アレンジ無限大!「ホワイトソース」の簡単レシピ&人気アレンジ3選

レシピ グラタン シチュー

難しそうなイメージのある「ホワイトソース」ですが、実は少ない材料で簡単に作れちゃうんです♩そこで今回は基本のホワイトソースのレシピだけでなく、電子レンジであっという間にできる時短方法やアレンジレシピなどをご紹…

もう迷わない!一度は食べたい池袋の本格カレーショップ10選

池袋 カレー おしゃれ ランチ まとめ

サブカルからエンタメまで魅力的なスポットが点在する東京・池袋。今回は、そんな池袋で人気のカレー店を西口&東口にわけて大調査しました。スパイシーさが際立つ本格カレー屋や、居心地がよいお店、行列のできる人気店など…

ページTOPに戻る