ダイエットに人気!「セロリ」を使ったスープのレシピ15選

ヘルシーで美容効果も高いセロリ。加熱しても壊れにくい栄養素を豊富に含む野菜なので、スープを作って手軽にたっぷりと摂取しちゃいましょう。シンプルなセロリスープから具沢山のデトックススープ、ミルク入りのポタージュなど、さまざまなレシピをご紹介!

セロリはこんな野菜です

セロリの原産は、ヨーロッパや中近東の冷涼な高地の湿原です。古代ローマ時代には、食用としてではなく、整腸剤、強壮剤、香料として利用されていたとか。食用に使われるようになったのは、17世紀に入ってからだそうですよ。

日本に入って来たのは文禄・慶長の役の頃。「加藤清正」という武将が、国内に持ち込んだことがきっかけと言われています。そのため、セロリのことを「清正人参」とも呼ぶらしく、戦後、食生活の洋風化に伴い、各家庭でも食べられるようになってきたようです。

セロリは淡色野菜に分類され、葉、茎、根、実、ほぼ全ての部分を食すことができます。独特の香りが特徴の野菜ですが、漬物、佃煮、スープを始め、肉料理の香味野菜としても使われる万能食材なんですよ。さらに、セロリの種は乾燥させて「セロリシード」という香辛料にもなるそうです。

熱にも強いセロリの栄養素とは

まるごと食べられるセロリですが、その栄養価はいったいどんなものなのでしょうか。調べてみたところ、セロリには女性に嬉しい成分がたくさん含まれていることがわかりました。おいしくて体にもいいことずくめなので、積極的に摂取していきたいですね。

注目すべき栄養素は、ビタミン、カルシウム、カリウム、食物繊維。これらは、美肌効果、疲労回復、便秘解消、血流の改善を促してくれる働きをするそうです。セロリ特有の香り成分にはイライラを鎮静させる効果もあるみたいですよ。カロリーも低い食材なので、ダイエットにもぴったりですね。

セロリに含まれる栄養素は加熱しても壊れにくいそうなので、生で食べるのには抵抗がある方も、熱を加えて調理すると大変食べやすくなります。

セロリスープのレシピ15選

セロリのおいしさを、余すところなく堪能できるのがスープ。そこで、セロリをたっぷりと使ったおいしいスープのレシピを、ご紹介していきたいと思います。材料も手間もほとんどかからない、アイデアレシピばかりです。さっそく、今日の献立に入れてみてはいかがでしょう?

1. セロリだけスープ

セロリだけを使った、シンプルなレシピをご紹介。まずは、セロリをオリーブオイルで炒めます。全体に油がまわったら、蓋をして蒸し焼きに。そこに水とコンソメを加え、塩こしょうで味を調えて完成です。

とってもシンプルでからだに優しいレシピです。風邪のひき始めや、二日酔いのときにぴったりですよ。セロリの柔らかい部分を使用すると、オニオンスープのように甘くなるそうです。

2. セロリと玉ねぎのミルクスープ

セロリが苦手な方でも、ぐいぐい飲めちゃうスープです。野菜嫌いなお子様にもぴったりな、栄養満点レシピ。セロリが入っているなんて、気がつかないかもしれませんよ。

作り方は、セロリと玉ねぎをみじん切りにして油で軽く炒めます。水とコンソメを加えて、しばらく煮込みましょう。最後に牛乳を加えれば、あっという間にできあがり。パンを浸して食べるのがおすすめだそうです。

3. セロリと椎茸のかきたまスープ

セロリと椎茸を使った、ほっこりスープをご紹介。材料を切ってお出汁で煮込むだけの、とっても簡単なレシピです。干し椎茸を使う場合は、戻し汁もスープの中に入れちゃいましょう。より奥深い味わいになりますよ。

仕上げに卵を溶いて、かきたま風にしてください。ごちそう感もアップして、食べ応え十分です。朝食代わりや食欲のないときなどに覚えておくと、便利なレシピ。頭の中に入れておいてくださいね。

4. セロリとトマトの薬膳スープ

セロリとプチトマトを使って、薬膳風のスープを作ってみましょう。中華だしや鶏ガラスープの素で煮込むだけなので、誰でも失敗なく作れます。時間のないときでも、すぐに作れる時短レシピ。油も使用しないので、とってもヘルシーですよ。

ポイントはきくらげ。これを入れるだけで、グッと薬膳風になってしまうから不思議です。ガラスの器に入れるとおしゃれ度も増すので、ぜひ真似してみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう