人気ウィンナー「シャウエッセン」を大解剖!アルトバイエルンとどう違う?

日本ハムの人気ウィンナー「シャウエッセン」。みなさんの好きなウィンナーはどの商品ですか?伊藤ハムのアルトバイエルン派の人も多いと思いますが、2つの違いやおいしい食べ方、おすすめのレシピまで、今回は2商品にぐっと迫ってみました。

2017年11月2日 更新

人気ウィンナー「シャウエッセン」

市販されているウインナーにもいろいろありますが、日本ハムの「シャウエッセン」は中でも人気ですね。外の皮はパリッと、肉汁溢れる中はジューシー。茹でてそのまま食べてもおいしいですし、フライパンで焼いただけのシャウエッセンに粒マスタードをつけて食べるのも十分おいしいですよね。
お弁当のおかずに、サンドイッチの具にもおいしいシャウエッセンの特徴と最高においしい食べ方まで、まとめてご紹介します。

「シャウエッセン」と「アルトバイエルン」との違い

ウィンナー好きであれば、伊藤ハムの「アルトバイエルン」派の方もいるんじゃないでしょうか。どちらも皮がパリッとして、中がジューシーなおいしいウィンナーですがこの2つの違いを知っていますか?

材料

シャウエッセンの原材料:
豚肉、豚脂肪、糖類、食塩、香辛料、調味料 等
アルトバイエルンの原材料:
豚肉、豚脂肪、糖類、食塩、香辛料、調味料 等
それぞれの材料を比較してみると、なんと内容はほぼ同じ。微妙な配分量まではわかりませんが、よほど大幅な違いがなければ、目隠して食べたらどちらを食べているかはわからないかもしれませんね。

カロリー

シャウエッセン:
100gあたり 311kcal
アルトバイエルン:

100gあたり 341kcal
カロリーは、若干アルトバイエルンの方が高いです。

おいしさの主張は?

それぞれのブランドサイトを見てみると、双方熱く自社のウィンナーのおいしさを熱く語っています。

シャウエッセン:

あらびきポークを100%使用。卵やエビ、カニといった加工品特有の材料は入っていません。皮には羊腸を使い、スモークはドイツ風のスモークを取り入れているそう。肉の挽き方、混ぜ方、加熱にこだわり製造しているとありました。

アルトバイエルン:

こちらも豚肉を100%使用、スモークには国産の桜チップを使用、ドイツの岩塩を使い製造しています。約3日かけて熟成させて作ること、肉の挽き方、香辛料と調味料の配合配分、温度管理へのこだわりが書かれていました。

シャウエッセンの最高においしい食べ方2つ

大きめの鍋にたっぷりのお湯を入れて……普段みなさんがするのはこんな調理ですか?シャウエッセンのホームページを見てみると、「黄金の3分間ボイル」と言われるシャウエッセン自らおすすめしている食べ方があります。

この他、SNSではウィンナーを最高においしく茹でる方法として人気のやり方も。シャウエッセン、アルトバイエルン、それぞれ美味しく茹でてみて食べ比べしてみては?
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう