バタークリームを使った人気レシピ9選。カップケーキも簡単に!

昔懐かしいバタークリームの作り方と人気スイーツレシピを9点ご紹介します。カップケーキやレーズンサンドも簡単に作れますよ。生クリームとは違った味わいに、クセになること間違いなし!ぜひ、作ってみてくださいね。

2017年4月25日 更新

懐かしの味!バタークリーム

お皿に盛られたバタークリームを使ったケーキ

Photo by soleil

バタークリームとは、その名の通りバターを主体としたクリームです。現在では、ケーキのデコレーションとして、生クリームが主に使われていますが、ひと昔前までは、バタークリームがよく使われていました。

「小さなころに食べたケーキは、バタークリームのデコレーションだった」という方もいらっしゃることと思います。いちごなど、生のフルーツと相性が良い生クリームは、デコレーションケーキにしても華がありますよね。対してバタークリームケーキは、ドレンチェリーやアンゼリカといったドライフルーツとの相性が良く、華やかというよりかわいい印象です。

そもそもバタークリームとは?

そもそもバタークリームは、いったいどのようなものなのでしょうか?

「バター」と名のつくものなので、もちろんバターを主原料としていますが、実は、昔作られていたバタークリームの中には、バターの代わりにマーガリンやショートニングが使われていたものもありました。

確かに本物のバターを使うとコストがかかる上、衛生上の面からも、温度管理などより注意が必要になってきます。しかしどうしても風味が落ちてしまうので、生クリームのほうがおいしいというイメージもあったそうです。

しかし本物のバターを使って作ったものはおいしいんです!バターの豊かな風味とこっくりとした味わいがクセになりますよ。

変化する食感にハマる人も

また、バタークリームは独特の食感も特徴のひとつ。

普通、クリームといえば、ふんわりとした食感をイメージしますが、バタークリームの場合冷えると固まるので、そのような食感は望めません。しかし、その固めの食感がやわらかいケーキと合い、それがおいしさのポイントでもあるのです。

さらに、逆に常温に戻すと、クリームらしいやわらかな食感に。いろいろなおいしさを楽しめるのもバタークリームの魅力でしょう。

簡単バタークリームの作り方

泡立てるだけの生クリームと違って、バタークリームはイチから手作りします。そのため、なんとなく敬遠する方もいるかもしれません。しかし、ちょっとしたコツさえつかめば、本当に簡単に作れますよ。ぜひ試してみてくださいね。
1 / 11

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう