連載

レンチンおやつの新星『豆腐チップス』。この簡単さとザクザク食感は衝撃です!

「揚げない・焼かない」レシピの決定版!スライスしたお豆腐を電子レンジでチンするだけで、ザクザク食感がクセになる豆腐チップスが作れます。衝撃の簡単さ、なのに美味しい!もちろん低カロリーなので、ダイエット中のおやつやおつまみにおすすめです。

2016年10月25日 更新

コレが本当に電子レンジでできちゃうの!?

香ばしそうなキツネ色に仕上がったチップス、一体なんだと思いますか?

実はこれ、お豆腐でできた豆腐チップス!
「揚げない・焼かない」で、電子レンジでチンするだけ
でできちゃうんです。

豆腐を水切りする必要はありますが、これといって難しい行程はありません。
電子レンジで作れるので、油で揚げるレシピと違って準備も後片付けも楽チン。

材料もシンプルに豆腐だけ。あとはお好みの味付けをするだけです。

ダイエット中や、夜中にスナックが食べたくなった時も、これならヘルシーで安心ですね。
肝心のお味も、煎り大豆のような香ばしさが後を引く美味しさ。

お酒のおともに、おやつにぴったりな一品です。

『レンジでできる豆腐チップス』の作り方

分量(作りやすい量)

絹ごし豆腐 1丁
塩 小さじ1/4
ブラックペッパー お好みで

※木綿豆腐でも作れますが、絹ごし豆腐のほうが加熱時のバラつきが少なく仕上がります。

作り方

①豆腐はしっかり水切りする。
電子レンジで水切りする方法:豆腐をキッチンペーパーで包み、500Wの電子レンジで3〜4分加熱する。
重しを乗せて半日置く方法でも良いですし、電子レンジでも。
しっかり水切りしてあれば、方法は問いません。
②豆腐を5ミリ程度に薄く切り分ける。
加熱すると縮むので、無理のない範囲で薄く切りましょう。
切る時は、①角に対して斜めに②包丁を奥から手前へ引くようにして入れ、③豆腐に包丁が入ったらあとは下へ押すようにすると綺麗に切れます。
③クッキングシートの上に、豆腐を重ならないように並べる。
加熱すると縮むので、並べる間隔は少し空けておく程度で大丈夫です。
④この状態で、600Wの電子レンジで10分ほど加熱する。
水切りの具合によって加熱時間は異なります。6〜7分経過したら、焦げ始めていないか、加熱にばらつきがないか様子を見ましょう。
写真のように表面がほんのりきつね色になり、シワが寄っていればOKです。
⑤電子レンジから取り出し、1枚ずつひっくり返す。
この時、置いている位置や厚さによって乾燥具合にばらつきが生じます。
ひっくり返すのと同時に場所を変えて、まんべんなく加熱できるようにしましょう。
⑥ひっくり返したら、600Wの電子レンジで更に2〜3分加熱し、完全に水分を飛ばす。
ひっくり返して全体の水分が飛んでいる状態は、焦げやすくなっています。
焦げないように、乾燥の具合によって、加熱する時間を加減しましょう。

おこのみの味付けをして、完成です!

レンジから取り出したら、塩やブラックペッパーを全体にまぶして、できあがり!

今回はシンプルな味付けにしましたが、「青粉+塩」でのり塩味にしたり、「粉末コンソメ」でコンソメ味にしたりと色んな味つけで楽しめます。

煎り大豆のような香ばしさで、つい手が伸びる一品。ザクザクとした食感がたまりません。

食べれば、きっと「これが本当に電子レンジでできたの!?」とビックリしちゃうはず。ぜひお試しを!

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう