さすが畑のキャビア!栄養満点「とんぶり」の効能&レシピまとめ

あの高級食材に、ツブツブした見た目と食感がそっくり!それが「畑のキャビア」と呼ばれる「とんぶり」です。とんぶりはクセがない味わいで、ローカロリー。今回は、そんなとんぶりの効能や、活用レシピをまとめてみました!

「畑のキャビア」はキャビアにそっくり!?

実際にとんぶりを目にしたり味わったりしたことがある人なら、誰もが「キャビアによく似てる!」と思うことでしょう。「とんぶり」といえば、正式名称よりも「畑のキャビア」の通称のほうが有名かもしれません。

ですがこのとんぶり、キャビアに似てるだけじゃないんです。実は、美容と健康面で注目すべき点の多い食材なんですよ。

ところで「とんぶり」って何?

ふわふわの「ほうき草(コキア)」を見たことがありますか?
とんぶりは、収穫したほうき草の実の外皮をむき、乾燥させたもの。直径1~2mmの小さなこの緑色の実こそが、プチプチの食感が特徴のとんぶりなんです。

東北ではメジャーな食材

主な産地が秋田県であることから、東北ではとくに一般的によく知られている食材のひとつです。クセがなく淡白な味わいで、たとえばお刺身などの和食に添えられていたり、ほかにも和え物で食べたりする機会が多いですね。

とんぶりの旬はいつ?

旬は、秋の深まる10~11月ごろですが、一般的に、茹でた状態で瓶詰めや袋詰めして販売しているものや、味付けをした加工食品として手に入れることができますので、一年を通して味わえます。

とってもヘルシー!

とんぶりは、チョウザメの卵の塩漬けであるキャビアに比べてローカロリーで、塩分もなく、とってもヘルシー。ちなみにカロリーは、100gあたり90kcal程度です。

とんぶりはキャビアのほかに、スーパーフードとしておなじみのキヌアにもちょっと似ていると思いませんか?実はキヌアもとんぶりと同じ、アカザ科植物の仲間です。どちらも、小さいですが身体にいい成分がたっぷり。日々の食事で、ぜひ積極的に摂りたいですね。

実はかなり優秀!とんぶりの栄養効果

とんぶりはあっさりと淡白な味わいなので、栄養があるのかな?なんて思われるかもしれませんが、サポニンやリン、β-カロテン、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンK、さらには貧血を予防する鉄分に食物繊維とマグネシウム、むくみを取るカリウム、体内でエネルギーを生み出すリンなどを含んだ、非常に栄養価が高い食材なんです!

そんなとんぶりの、主な効果効能をご紹介しますね。

抗酸化作用

とんぶりに含まれるサポニンはポリフェノールの一種。活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑えるためアンチエイジングに役立ちます。
また、とんぶりには100グラム中約5グラムのビタミンEが含まれています。ビタミンEの主な効能は、抗酸化作用や免疫活性作用。とくに抗酸化作用により、細胞の酸化防止が期待できます。皮脂の酸化防止の作用もあるので、とんぶりを食べることで肌の老化防止にも期待!

便秘解消効果

とんぶりは食物繊維を豊富に含んでいますので、便秘の解消にもひと役買ってくれます。不溶性食物繊維の含有量は、とんぶり100gあたり7.1g。ちなみに、食物繊維が多いとされるゴボウが100gあたり6.1gですから、とんぶりの食物繊維が非常に豊富なのが分かりますね。

とんぶりを使ったレシピ 10選

見た目と食感がキャビアに似ていることから、トッピングにしたり和えたりと、「キャビアの代用品」としてとんぶりを使うレシピをたくさん見つけることができます。

しかし、味にほとんどクセがないとんぶり。クセがないからこそたくさん使って、プチプチの食感を存分に楽しめるレシピがおすすめです。早速、とんぶりレシピを試してみませんか?

1.長芋短冊 とんぶりトッピング

特集

SPECIAL CONTENTS