さすが畑のキャビア!栄養満点「とんぶり」の効能&レシピまとめ

あの高級食材に、ツブツブした見た目と食感がそっくり!それが「畑のキャビア」と呼ばれる「とんぶり」です。とんぶりはクセがない味わいで、ローカロリー。今回は、そんなとんぶりの効能や、活用レシピをまとめてみました!

2016年12月5日 更新

「畑のキャビア」はキャビアにそっくり!?

実際にとんぶりを目にしたり味わったりしたことがある人なら、誰もが「キャビアによく似てる!」と思うことでしょう。「とんぶり」といえば、正式名称よりも「畑のキャビア」の通称のほうが有名かもしれません。

ですがこのとんぶり、キャビアに似てるだけじゃないんです。実は、美容と健康面で注目すべき点の多い食材なんですよ。

ところで「とんぶり」って何?

ふわふわの「ほうき草(コキア)」を見たことがありますか?
とんぶりは、収穫したほうき草の実の外皮をむき、乾燥させたもの。直径1~2mmの小さなこの緑色の実こそが、プチプチの食感が特徴のとんぶりなんです。

東北ではメジャーな食材

主な産地が秋田県であることから、東北ではとくに一般的によく知られている食材のひとつです。クセがなく淡白な味わいで、たとえばお刺身などの和食に添えられていたり、ほかにも和え物で食べたりする機会が多いですね。

とんぶりの旬はいつ?

旬は、秋の深まる10~11月ごろですが、一般的に、茹でた状態で瓶詰めや袋詰めして販売しているものや、味付けをした加工食品として手に入れることができますので、一年を通して味わえます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

m00

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう