滋賀の伝統野菜!紫が映える「日野菜」の漬け方&栽培方法

滋賀県で発見された「日野菜」という伝統野菜をご存じですか?漬物にすることが多く、辛味と苦味のバランスがいいのでサラダや天ぷらにもぴったり!日野菜の基本的な漬け方、栽培方法、おすすめレシピなどをまとめました。

2019年5月17日 更新

日野菜とは?

日野菜は、滋賀県蒲生郡日野町で室町時代に発見された伝統野菜で、カブの一種です。"あかな"とも呼ばれており、現在は九州から信越までの幅広い地域で栽培されてはいます。主な産地は滋賀・京都・三重の辺りです。

見た目はほっそりとした大根のような見た目で、根の上のほうは紫色をしています。茎や葉にも紫がまじるキレイな色の野菜です。漬物にすることが多いですが、辛味と苦味のバランスが良く、サラダや天ぷらなどにも向いています。

名前の由来

室町時代に偶然、日野の地で自生している野生菜を発見したのは、日野の領主だった蒲生貞秀公でした。この野生菜を漬物にしてみたところ、とても美しい色で上品な味わいだったことから、栽培し、京都の公家に献上しました。

それ以来、日野の地で発見された野生菜を日野菜と呼んで栽培されるようになり、日野菜の漬物は「さくら漬」という名で今なお親しまれています。

栽培方法

梅雨が明けたら、日野菜の種蒔きが始まります。種を播いてから50日程度で収穫を迎えるので、秋までに、何度も種を播いては収穫していきます。

何度も種を播くことで収穫時期が長くなりますが、一番おいしく食べられる旬の日野菜は、9月下旬に種を播いて、11月中旬ぐらいに収穫するものです。味もよく、色鮮やかに仕上がります。

日野菜といえば「漬物」

日野菜といえばやはり漬物ですね。桜色に染まったカブを輪切りにして上品に盛り付け、お酒のおつまみとしてもピッタリ。葉の部分をみじん切りにして醤油を垂らし、炊き立ての白いご飯にのせるのもおすすめです◎
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう