おいしいけどツラい…。「焼肉」で下痢や腹痛を起こさない対処法

みんなでワイワイと食べる焼肉、最高ですよね。でも毎回、下痢になってしまう人、意外と多いのではないでしょうか。この記事で、焼肉で下痢を起こす原因、焼肉を食べても下痢や腹痛を起こさない方法など、楽しい焼肉ライフを満喫するためのコツをまとめてみました!

2019年10月7日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

焼肉が下痢の原因になるって本当?

とてもおいしくて誰もが好きな焼肉ですが、食べたあとに下痢になってしまう方も多いと思います。「そういえば、家では大丈夫なのに外で焼肉食べるとおなか壊すなぁ」なんて心当たりのある方、いらっしゃるのでは? そんなことにならないためにも、この記事では焼肉後の下痢の原因と対策をまとめました。しっかり読んで、楽しい焼肉ライフを過ごしてくださいね!

焼肉を食べると下痢や腹痛になる原因

消化不良

実は、焼肉後の下痢の原因のほとんどは “脂”です。家庭での焼肉に比べて、お店での焼き肉はお肉・料理ともにかなりの脂が含まれています。これが「家では大丈夫なのに外で焼肉のときは……」の原因です。 焼肉を食べたあと、摂取した脂を分解するために大量の胃酸(消化液)が分泌されます。この分泌が乱れると、下痢の原因に。通常の範囲でしたら脂の摂取にはなんの問題もありませんが、度を超えた過剰摂取は避けたほうがいいですね。脂の多い霜降りではなく赤身の部位を選んで食べるのも、賢い選択です。(※1)

にんにく

にんにくに含まれる「アリシン」という成分は、多く摂り過ぎると下痢の原因となることがあります。このアリシンが持つ強い抗菌・殺菌作用には有害な菌だけでなく、同時に腸内の有益な細菌をも殺してしまうことがあります。これによって腸内環境が乱れ、腹痛や下痢といった症状が誘発されてしまうんですね。 焼肉のほか、ラーメンやキムチを食べたら胃痛がある、下痢をするといった方は、にんにくの多量摂取が原因で下痢になっている可能性があります。(※2)

食べすぎ・飲みすぎ

お肉以外の飲み物や料理でも、単純に飲みすぎ食べすぎが原因で下痢になってしまうことがあります。暴飲暴食・早食いをすると胃で消化しきれないまま次の食べ物が入ってきてしまい、追いつかずに消化不良が起きる結果、下痢などの症状が見られます。(※1)

下痢にならない対処法

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS