ローディング中

Loading...

みなさんは「世界三大スープ」とは何かご存じですか?味噌汁は入っているのかな……と思いきや、そもそも三大がちゃんと決まっていないという説もあるんです。では、候補に入っているスープって一体どれなのでしょうか?今回は世界三大スープの謎に迫ります!

世界三大スープとは

「世界三大スープ」って何だか知っていますか?「三大珍味」や「三大美女」等はよく耳にするけど、スープは知らないという方が多いのではないでしょうか?世界三大スープとは一般的には、フランスのブイヤベース、タイのトムヤムクン、中国のフカヒレスープのことを指します。

ところが「我こそが世界三大スープにふさわしい!」と主張する各国のスープが後を絶たず、厳密には3つに絞り切れていないのです……。「世界三大スープ」は本当は4つある、というのが現在での通説です。スープ料理は各国に存在しますから、3つに絞り切れていないのも納得ですが、では三大スープに肩を並べようとするもうひとつのスープって何なのでしょう?

漁師の料理!ブイヤベース

海の男が生んだ、魚介の恵みたっぷりのスープ

ブイヤベースとは、南フランスの地中海沿岸地域の代表的な海鮮料理です。特にマルセイユあたりでは盛んに食べられています。元来は漁師料理で、漁から戻って市場で売り物にならない魚介類を使って作られました。なんだかおしゃれな感じがする料理なのに、そのルーツは荒々しい海の男の料理だったなんて驚きですね!

鱗を取り除いた新鮮な魚と、エビやムール貝などの具材を、トマト味のスープにハーブで香りを付けながら煮込んだだけで手軽に作れてしまうのがブイヤベース。現在までその作り方で愛され続けている理由ですが、王道のレシピのほかにもさまざまなアレンジがあります。アンコウで作られたスープをアイオリ(ニンニク入りのマヨネーズソース)で香りづけしたもの、ベースにする魚を変えたものなど数多くのアレンジ方法があります。

マルセイユのブイヤベース愛が強すぎる…

ブイヤベースの街、マルセイユには、なんと「ブイヤベース憲章」というものが存在します!ブイヤベースの具材の種類や、作り方などを取り決めるために1980年に制定されました。ブイヤベースの変わらぬおいしさが守られているのには、こんな秘密があったんですね。

ブイヤベース憲章によれば、ブイヤベースには……。

・カサゴ
・白カサゴ
・赤カサゴ
・足長ガニ
・ホウボウ
・マトウダイ
・アンコウ
・西洋アナゴ

上記の魚介類のうち4種類が入っていなくてはいけないそうです。
あなたが最近食べたブイヤベースには入っていましたか?

エスニック感満載!トムヤムクン

辛くて酸っぱい!病みつきな美味しさ

トムヤムクンとは、レモングラスの風味が特徴的なタイの伝統的なスープ。日本人にはあまり馴染みのないクセのある味なので好き嫌いは分かれますが、人気は高く、タイ料理店でも人気メニューの1つですよね。ちなみにこの料理名は、「トム」=煮る、「ヤム」=混ぜる、「クン」=エビのことです。日本では「エビの酸っぱくて辛いスープ」という訳で紹介されているのをときどき目にしますね。

基本的なレシピは、鶏がらスープにレモングラスやヘッドファーンなアドのハーブ類、ナムプリック・パオというタイのチリソースのような調味料、ココナッツミルク等を加えたスープで、エビを煮込んで作ります。最後にパクチーなどをのせれば暑い夏に飲み干したくなるような、酸味と辛味が絶妙にマッチしたスープが完成します。

トムヤムクンの種類

日本では大体どこのお店でも1種類だけですが、トムヤムクンは実は2種類あるんです。それは「トムヤムクンナームコン」と「トムヤムクンナームサーイ」の2種類。

タイ語で「ナームコン」は「濃い水」、「ナームサーイ」は「澄んだ水」という意味です。タイでレストランに入ると大体のお店が「ナームコン」と「ナームサーイ」に分かれているので、注文した際に「トムヤンクン」だけではお店の人が困ってしまうそうです。

「ナームコン」は、牛乳、ココナッツミルク、ナムプリック・パオ等が使われているのでスープの色が濃く、ややこってりとした味わいになります。「ナームサーイ」では先述の3種類の材料を使用しないのでスープが透き通って、ややあっさりとした味わいに仕上がっています。

コラーゲンたっぷり!フカヒレスープ

食感を楽しむなら断然フカヒレスープ!

日本でも馴染み深いフカヒレスープ。発祥の地は中国です。中国では明の時代からフカヒレを料理に取り入れ始めたそうです。特に潮州(ちょうしゅう)料理ではフカヒレが頻繁に取り入れられています。潮州とは広東省(かんとんしょう)に属する地方のことで、潮州料理の特徴としては

・乾物や魚、塩などを使っている
・旨味を際立たせた塩味
・調理方法は「煮る」ことが多い 

といったことがあげられます。

中華料理だけどフカヒレは日本産が多い!

中国発のフカヒレスープですが、実は産地としては圧倒的に日本産が多いのです。江戸時代には清に向けて「煎海鼠(いりなまこ/いりこ)」「乾鮑(ほしあわび)」「鱶鰭(ふかひれ)」の3品を盛んに輸出していました。これらの海産物の乾物は「俵物(たわらもの)」と呼ばれ、特にこのナマコ、アワビ、フカヒレのことを「俵物三品」と呼んでいました。

現在でも日本は世界有数のフカヒレ生産国で、中でも気仙沼産のものは有名かつ高級品とされています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

浅葱(あさつき)は小ねぎと同じ?実はあの部分で見分けられる!

お料理のレシピを見ていると、浅葱を使用するものもありますね。浅葱とは、どのような食べ物かをご存知でしょうか?浅葱と万能ねぎ、さらには小ネギなどををまったく同じものだと思っている方もいるようです。でも実際には全…

「とどのつまり」って良い意味?悪い意味?とどの語源は意外なアレ!

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

ピザーラを安く注文する方法総まとめ!持ち帰り割引もクーポンも無駄なく活用♩

ピザ テイクアウト

大人気宅配ピザチェーン「ピザーラ(PIZZA-LA)」。今回はそのピザーラで持ち帰りをしたら果たしてお得なのか? など、少しでもお得に楽しくピザを食べるノウハウをまとめちゃいます!クーポンのゲット方法やイベン…

本格的な味わい!成城石井の「desica」シリーズにスープ3種が新登場

スープ

成城石井のオリジナル商品シリーズ「desica(デシカ)」 から、3種のスープ『コーンポタージュ』『ミネストローネ』『ビスクスープ』が新発売!シェフたちがレシピを考案し、バイヤー厳選の食材で作られた本格…

ボリュームも味わいも◎「マカロニスープ」のレシピ【味付け別】15選

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

缶詰でちょっとした高級感を味わえるこだわり缶詰5選

缶詰 まとめ

普段缶詰にこだわることってそんなにないですよね。 缶詰一つで食卓がちょっと豪華になったらとても便利じゃないですか? そこでちょっと高級なこだわり缶詰をまとめてみました。

【東京都内】ちょっと贅沢したい昼におすすめなおいしい天丼5選

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

【東京都内】また必ず食べたくなる絶品サンドイッチ8選

サンドイッチ テイクアウト おしゃれ まとめ

同じサンドイッチでもお店によって味付けや個性が違います。お店のこだわりがつまった絶品サンドイッチ。わざわざ訪れる価値はあります。一度食べたらリピート間違いなし!あれもこれも何個でも食べられそうです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

出会えたら奇跡!? 新宿「自家焙煎珈琲凡」のショートケーキが幻といわれるワケ

喫茶店 スイーツ 東京 新宿

喧騒をほんのひと時忘れられる都会のオアシス、誰でもひとつやふたつ持っていたいお店ですよね。そんなオアシスにふさわしいお店「自家焙煎珈琲凡」が今注目を集めています。何やら「幻のショートケーキ」が食べられるとか。…

逆輸入系の餃子バル♩表参道「コムアパリ」でミシュラン料理人の味を確かめよ!

餃子

近年流行の「餃子バル」。これまでリーズナブルなメニューといったイメージが強かったギョウザを、ワインとともに楽しむオシャレなお店が増えています。なかでも、今回はミシュラン料理人が作り出すオシャレな餃子バル、表参…

花見のおつまみは手軽さ重視♩コンビニ&スーパーで買えるおすすめ商品24選

お花見 おつまみ まとめ

お花見の季節が到来し、デパートのお惣菜売り場やレシピ特集が盛り上がってきましたね。そんな中、気兼ねないコンビニ&スーパーのおつまみをお忘れでは?コスパよし、味よしのおつまみは万人受け間違いなし!主力6店の最強…

shochang

美味しいものと映画がだーいすき。

http://blog.livedoor.jp/shichann/

ページTOPに戻る