北欧風オープンサンド!「スモーブロー」はのせるだけのおしゃれメニュー

シンプルで洗練されたデザインで、家具や洋服など色々なものに注目が集まっている北欧文化。「スモーブロー」もそのひとつなんです。のせるだけでOKの簡単レシピですが、組み合わせは無限大!参考になりそうなものを集めてみましたよ。

北欧ブームは食にも

イケアの家具や、マリメッコなど、すでに日本でも多くのファンがいる北欧文化。日本人には思いつかない色使いや、かわいい模様に目が離せません。そんな中、北欧ブームは「食」にも進出。すでに、イケアのフードコートでは北欧の食事が食べられるようになっていますが、日本でもさらに北欧食が広まりそうな予感です。

今回は、いま注目の北欧フード「スモーブロー」をご紹介します。

デンマークの国民食「スモーブロー」って?

今、日本でも広がりつつある北欧食のひとつが「スモーブロー」です。スモーブローとは、「スモー=バター、ブロ=パン」という意味。「スモーブロー」とは、ライ麦やポンパニッケルなど、薄切りのパンにたっぷりとバターを塗り、そしてその上に新鮮な魚介類やチーズ、ハム類、野菜類などをのせたものです。

オープンサンドといえど、本来はレストランで出されるような、立派な食事なんだそうですよ。
もともとはレストランなどで食べられるような食事だった「スモーブロー」が、北欧の一般家庭でも作られるようになり、それがSNSを通じて、日本の食卓や飲食店にも並ぶようになりました。

パンの上にのせる具材が豪華になればなるほど、SNS映えもしますし、食べ応えもアップ。北欧の意外な食材の組み合わせにも、ちょっとした驚きもありますよ。

スモーブローのレシピ

スモーブローは、ライ麦やポンパニッケルで作るのが本来の姿ですが、なければ手に入りやすい食パンでも大丈夫です。食パンにエビ、マヨネーズ、ディル、ニンニク、レモン、塩を和えたもの。レタス、ゆで卵、ディルを飾って完成です。パンにバターを塗っておくと、よりいっそう本格的になりますね。

インスタでも作ってみる人が続出

Instagramには、自作の「スモーブロー」の写真がたくさんアップデートされています。レストランできちんと出される料理、というだけあって、みなさんキレイに盛り付け、朝食にしたり、お酒と一緒に楽しんだりしているようです。
小さなトーストで作ると、スペインのピンチョスにも似ていますね。前菜感覚でも楽しめそうです。さまざまな具材で作って、どんな組み合わせが合うのか、試してみたくなりますね。
こちらは、ハモとビーツとオリーブのスモーブローです。立体的にたっぷりと盛り付けられたビーツがとってもみずみずしくおいしそう。せっかく作るのであれば、色合いにもこだわってきれいに盛り付けたいものですよね。
こちらは、冷蔵庫に余ったもので盛り付けたというスモーブロー。にんじんやキャベツ、アスパラなど、色とりどりのお野菜がきれいにのせられています。

大阪「スモーブローキッチン中之島」も人気!

特集

SPECIAL CONTENTS