スパイスが味の決め手!「ジャークチキン」の美味しいレシピ

ジャマイカ料理の「ジャークチキン」を食べたことはありますか?あの人類最速のウサイン・ボルトも、故郷のジャマイカでジャークチキンを食べて育ったとか。今回は、ジャークチキンについて、スパイスの作り方やレシピも交えてご紹介します。

ジャークチキンとは?

「ジャークチキン」という料理をご存知でしょうか。ジャークチキンは、カリブ海に浮かぶ島、ジャマイカの国民的な名物料理です。レストランはもちろん、街中にもたくさんの屋台が並んでいる、ジャマイカを代表するお料理なんです。

ジャークチキンは「ジャーク(ジャーキング)」という調理方法で調理された鶏肉料理のことで、「ジャーク」とは「スパイスで味付けして調理をする」という意味があります。つまり「スパイスで味付けしたチキン」を「ジャークチキン」と呼ぶのです。

辛めの調味料で味付けをしていますが、辛いだけというわけではなく、あくまでスパイシー。ジャマイカでジャークチキンを食べるとお店によって味が異なるので、はっきりとした味付けの定義はない、南国ジャマイカらしい料理です。

ちなみにジャークスパイスは鶏肉以外にも、豚肉や牛肉、ヤギ肉、魚、野菜、フルーツの調理などにも使われ、ジャマイカでは必要不可欠なスパイスです。
昔、山岳地帯に住んでいた民族が、山で自生しているハーブや香辛料で肉を漬け込むことを「ジャーキング」と呼んでいました。

ジャーキングした肉を格子状にした枝の上で焼いて調理していて、18世紀頃にはこの食べ方が街にも伝わり、家庭でも食べられるようになりました。これが由来して現在のジャークのレシピになっていったそうです。

また、ジャークスパイスには酢や油にスパイスを混ぜて作る「マリネード」や、野菜、フルーツなどをペースト状にしたものにスパイスを入れて作る「ペースト」、スパイスパウダーを混ぜて作る「ドライ」など、さまざまなタイプのスパイスがあるんです。

ジャークチキンの名前の由来

「ジャーク」の語源については諸説ありますが、料理史の専門家であるAlan DavidsonやJohn Marianiによると、「ジャーク」はペルー語源のスペイン語「charqui」が起源で、乾燥させて皮をとった肉という意味の「ジャーキー」が由来とされています。

最初「ジャーク」は名詞として使われていましたが、その後「ジャーキング(Jerking)」という「肉に穴を開けてスパイスを浸透させやすくする」といった意味合いの動詞としても使われるようになりました。

また「マリネードの中に肉を漬け込むこと」や「BBQで焼かれた肉の皮をはぐやり方」が語源ともいわれているので、本当の語源はよくわからないのが実際のところです。

ジャークチキンシーズニングのレシピ

スパイスの風味が食欲をそそるジャークチキンを作るには、ジャークスパイス(シーズニング)が必要です。お次はスパイスパウダーを混ぜた基本のジャークスパイスのレシピをご紹介します。

ハーブとスパイスを混ぜ合わせて、鶏肉にまぶして漬け込んで焼けば、おいしいジャークチキンができあがります。このスパイスがあるだけで、ビックリするほど料理のクオリティがあがるんです!さっそくチャレンジしてみましょう。

▼詳しい作り方はこちら

家庭で作るジャークチキンレシピ5選

ジャマイカジャークチキン

ジャークチキンはご家庭でも簡単に作ることができるんです。市販の鶏肉でお店の味を再現できるとっておきのレシピです。鶏肉に塩をふって臭みを飛ばしたら、チリペッパー、ガラムマサラ、クミン、マキシマムなどのスパイスを混ぜ合わせてしばらくつけておきましょう。そして最後にオーブンの鉄板で15分焼いたら出来上がりです。

お酒との相性もバッチリなジャークチキン。レモンをかけて食べるとより一層おいしいですよ。大人だけでなく子供も食べれる味つけなので、ぜひお試しあれ!

パンとの相性バッチリなジャークチキン

鳥肉に穴をあけて塩とレモンで下味をつけたら、タマネギやトマトなどの野菜をみじん切りにして、スパイスと合わせます。その混ぜ合わせたスパイスを鳥肉全体に混ぜ込んだら、瓶などに密封して、少なくても半日くらいは漬け込みましょう。

漬け込んだお肉を、魚を焼くコンロで少し焦げ目がつくまで両面を15分〜20分焼いたら出来上がりです。アルミホイルをしいて焼くと洗いやすく、匂いがつかないので便利です。

トマトや玉ねぎなど、野菜を使っているのでヘルシーなジャークチキンです。BBQなどで炭火で焼いて、ビールと一緒に食べたらもっとおいしくなりますよ。辛い味つけがやみつきになって、何度でも食べたくなる味です。

ジャンバラヤとジャークチキンプレート

特集

SPECIAL CONTENTS