定番から通好みまで!「ホワイトキュラソー」のカクテルレシピまとめ

リキュールによく使われているカクテルに「ホワイトキュラソー」があります。クセのない味わいは様々なドリンクと相性がいいため、ひとつ置いておくといいかもしれません。今回はホワイトキュラソーを使ったカクテルと、おすすめの1本をご紹介します。

2019年3月9日 更新

ホワイトキュラソーとは?

ホワイトキュラソーはオレンジを主原料にした無色透明のリキュールで、軽やかな甘みや風味が特徴です。キュラソーは主にカクテル作りに使われますが、チョコレートやケーキなどのスイーツ作りにも使うことができます。

自宅にひとつ置いておくと、お家カクテルやスイーツづくりのバリエーションが広がりますよ。

そもそもキュラソーとは?

キュラソーはお酒の一種で、リキュールに分類されます。ブランデーにオレンジの皮と糖分を入れて完成します。始まりは、17世紀の後半にオランダで作られたことからといわれています。
キュラソーと言うと一般的にはホワイトキュラソーを指すことが多いですが、ほかにもホワイトキュラソーをベースに着色したブルーキュラソーやレッドキュラソーなど、見た目の色合いが美しいリキュールもあります。

色とりどりのキュラソー

キュラソーは無色透明のものだけではなく、実にさまざまな種類があるのです。どれを使っても非常に色鮮やかで美しいカクテルができますので、機会があればぜひ使ってみてください。

オレンジキュラソー

褐色のキュラソー。ホワイトキュラソーよりも甘みが強く、濃厚な風味が特徴です。カクテル作りにはもちろん、甘みと風味を生かしてスイーツ作りに使われることが多いようです。オレンジキュラソーの銘柄の中では「グランマルニエ」がメジャーだと言われています。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう