定番から通好みまで!「ホワイトキュラソー」のカクテルレシピまとめ

リキュールによく使われているカクテルに「ホワイトキュラソー」があります。クセのない味わいは様々なドリンクと相性がいいため、ひとつ置いておくといいかもしれません。今回はホワイトキュラソーを使ったカクテルと、おすすめの1本をご紹介します。

2019年3月9日 更新

レッドキュラソー

ITEM

キングストン レッド キュラソー 【700ml/24%】

¥2,797 ※2016年10月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

鮮やかな赤色が特徴のキュラソー。見た目の色合いから、情熱的なイメージのカクテルに使われます。ピーチやライチなどの甘みの強いカクテルに使われることが多いので、主に女性から人気があるようです。

ホワイトキュラソーを使って作るカクテルレシピ10選

1. ホワイトレディ

白い貴婦人という意味のホワイトレディ。その名のとおり上品な味わいのカクテルです。甘みと酸味のバランスが取れているので、すっきりとした飲み口が特徴です。ドライ・ジンにホワイトキュラソーとレモンジュースを加えて作るこのカクテルは、飲みやすさで人気を集めているようです。

2. マルガリータ

テキーラをベースに、ホワイトキュラソーとライムジュースを加えて作るカクテル。カクテルグラスの淵をスノースタイルで飾ってあるのが特徴です。 マルガリータの名前の由来は、レシピを考えたバーテンダーの恋人の名前だと言われています。控えめな甘さに塩味がアクセントになっていて、甘いカクテルが苦手な人でも飲みやすいですよ。

3. カミカゼ

日本海軍の神風特攻隊の名前に由来するカクテル。アメリカで生まれたカミカゼは、キレのある味わいが特徴です。ウォッカとホワイトキュラソー、ライムジュースを同じ割合で作るカクテルは、オールドファッショングラスと呼ばれる口が広く背の低いタンブラーを使うのが一般的です。

4. サイド・カー

ブランデーにホワイトキュラソー+レモンジュースを加えたカクテル。華やかでフルーティな味わいのサイド・カーは、使うブランデーによって違う味わいを楽しむことができます。仕上げにスライスしたオレンジをグラスの淵に飾ることもあります。

5. サイレント・サード

スコッチウイスキーにホワイトキュラソーとレモンジュースを加えて作ります。どのスコッチウイスキーを使うかによって味がガラッと変わるので、お気に入りの銘柄を見つけてみるのもおもしろいですね。

特集

FEATURE CONTENTS