家にある調味料でOK!めんつゆの代用レシピ決定版

使い勝手のよいめんつゆ。常備しているというご家庭も多いと思いますが、切らしてしまうこともありますよね。しかし、めんつゆは意外と家にある調味料で作ることができるのです。今回は料理に合わせた、めんつゆの代用レシピをご紹介していきますよ。

覚えておくと便利!めんつゆの代用

めんつゆは、めんのつけつゆ、かけつゆだけでなく、煮物などにも使えます。そのため、めんつゆを常備しているというご家庭は多いのではないでしょうか。

そんなめんつゆ、いざ使おうとするときにないと、とても焦ってしまいますよね。そんな時に 覚えておくと便利な、めんつゆの代用品のレシピや使い方をご紹介します。

めんつゆは4つの原材料からできている!

めんつゆの原材料は主に以下の4つです。

・出汁
・しょうゆ
・みりん(酒)
・砂糖


良質なおだしに、甘辛い味付けをして濃縮したものが市販のめんつゆです。これらの材料は、自宅に常備している調味料ばかり。めんつゆがない時も、コツさえ知っていればめんつゆ風調味料を自宅で調合することもできるんですよ。

白だしを使ってめんつゆに

白だしはお料理にあまり色を付けたくない場合に使う万能調味料です。しかし、白だしは甘みが少なく塩分の多いのが特徴。白だしからめんつゆを作ろうと思えば、足りない甘みを足すこと、おしょうゆは香りづけに使うとうまくいきます。

【材料】
・白だし …… 30cc
・水 …… 100cc
・しょうゆ …… 大さじ1
・みりん …… 大さじ1


材料すべてをひと煮立ちさせ、冷ましたら完成です。みりんの代わりに、お砂糖を使ってもかまいません。作ったら使い切りが基本です。もし保存する場合は、防腐剤代わりにお酢を数滴落として、冷蔵保存しましょう。

甘口のめんつゆがお好みの方は、みりん、または砂糖を、多めに入れてみてくださいね。

みりん&しょうゆでめんつゆ

みりん、しょうゆを使うと、濃いめのめんつゆができます。混ぜるだけでもできますが、みりんはアルコールが入っているため、お子さんと一緒に食べる場合は必ず過熱してアルコール分を飛ばしてください。

【材料】
・みりん …… 100cc
・しょうゆ …… 100cc
・水 …… 200cc
・昆布 …… 3cm
・かつお節 …… 3g


煮切りみりんに水、しょうゆを加えてまず昆布でおだしを、昆布と入れ替わりにかつおを入れておだしを出します。しょうゆは少なめですが、その分かつおを使うことで、だしのきいた本格めんつゆになります。

顆粒だしで簡単めんつゆ

顆粒だしは、かつお、昆布、いりこ、と好みのものを選ぶことができます。めんつゆにはかつおだしや、昆布だし、合わせだしが一般的ですが、それぞれにうまみが少しずつ違い、バリエーションが楽しめます。

【材料】
・顆粒だし …… 小さじ1
・しょうゆ …… 100cc
・みりん …… 80cc
・水 …… 200cc


煮切りみりんを作ったら、残りの材料を入れて煮溶かすだけです。超簡単!あっという間にできます。

ITEM

味の素 ほんだし

内容量:450g

¥645〜 ※2018年5月30日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

昆布茶を使って

昆布茶は、昆布を乾燥させ細かく刻んだり粉末状にしたものです。商品によっては、軽く塩味をつけたものや、梅が入ったものがあります。お料理の隠し味としてもよく使われますよね。昆布のおだしがそのまま出てきますので、めんつゆレシピにも使えます。

【材料】
・しょうゆ …… 100cc
・みりん …… 100cc
・昆布茶(粉末)…… 小さじ1
・粉末かつおだし …… 小さじ1
・水 …… 300cc


全部の材料をお鍋に入れて煮たら、火を止めて冷やします。煮立たせると風味が逃げるので、気を付けてくださいね。ストレートタイプですが、濃い場合は氷でうすめてもいいですよ!

ITEM

無添加 こんぶ茶

内容量:108g

¥461〜 ※2018年5月30日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

甘口は砂糖を使う

めんつゆとひと口に言っても、おそばを食べるときとおうどんを食べるときとでは、甘みの加え方が違ってきますよね。鹿児島では、濃厚な甘口のめんつゆが一般的です。甘さの強い、お料理に使いやすいめんつゆのレシピです。

【材料】
・しょうゆ …… 100cc
・みりん …… 80cc
・砂糖 …… 大さじ1
・水 …… 150cc


お鍋に調味料を入れて、ひと煮立ちさせます。濃すぎる場合は、使うときに水で薄めてくださいね。

使う砂糖によって甘みが異なる

特集

SPECIAL CONTENTS