連載

旬のかぼちゃを大量消費!オーブンでヘルシーかぼちゃチップスの作り方

旬のかぼちゃを使って、ヘルシーなチップスを作りませんか?油を使わずに、オーブンでじっくりと焼きあげたかぼちゃチップスは、ヘルシーで自然な甘みがあって最高!お塩を振っても、お砂糖で甘く仕上げても美味しく食べられます。

2016年9月5日 更新

油で揚げなくてもパリッパリ!

ポテトチップスをはじめ「野菜チップス」というと油で揚げて作るイメージが強いですが、実はオーブンで作ることができます。

オーブンで作ると揚げ油も要らないので、とってもヘルシー。
パリッとした食感に仕上げるためには、低温でじっくり時間をかけて焼きましょう。


噛みしめるたびに、かぼちゃの甘味が広がります。
お好みで塩味にしたり、お砂糖をまぶして甘いチップスにしたり、アレンジも簡単です。

事前に乾燥させる必要もなく、かぼちゃを消費したい時にオススメ!ビールにもワインにも合うチップスですが、おつまみだけでなくお子様のおやつにもバッチリです。

『揚げないかぼちゃチップス』の作り方

材料 (作りやすい量)

中玉かぼちゃ1/2玉
サラダ油 大さじ1
砂糖 小さじ2

※塩味にする場合は砂糖の代わりに、塩小さじ1/4

作り方

①かぼちゃはワタとタネを取り除き、スプーンで中の繊維をかき出す。
②かぼちゃをスライサーで薄くスライスする。
包丁でスライスする場合は極力薄くスライスし、加熱時間をプラスして焼き上がりを調整しましょう。
かぼちゃが硬くて扱いづらい場合は、全体をラップで包み2分ほど加熱すると包丁の通りがよくなります。加熱しすぎに注意してください。
③スライスしたかぼちゃにサラダ油と砂糖を加える。
④かぼちゃを折らないように気をつけ、全体に油と砂糖が馴染むよう混ぜ込む。
⑤天板にクッキングシートを敷き、かぼちゃを重ならないように並べる。
⑥100℃のオーブンで60分加熱する。
⑦オーブンから取り出し、粗熱を取る。水分がまだ残っている場合は5〜10分ほど加熱時間を追加する。
包丁でスライスして厚みがある場合は、さらにかぼちゃをひっくり返し、反対側も加熱するとパリッと仕上がります。

おつまみにもおやつにもなるチップス完成!

全体に油をなじませることで、まるで揚げたようにパリッと仕上がります

ベタベタしないので、手でつまんでも安心
おやつにはもちろん、白ワインや日本酒など優しい味のお酒のおつまみにも合います。

おこのみでシナモンをかけたり、黒胡椒を挽いたりするのも良いですね。ビールなど味が濃いお酒に合わせる場合は、粉チーズを軽く振ってみてください。

水分をしっかり飛ばしているので、日持ちもします。
旬で美味しいかぼちゃを大量消費できるレシピ、ぜひ覚えておいてくださいね!

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう