ローディング中

Loading...

「アペロール」をご存じですか?アペロールとはリキュールの一種であり、さまざまな飲み物やフルーツを組み合わせることで、新たな味のカクテルを作ることができます。難しいと考えている方が多いですが、今回簡単に作れるカクテルレシピをご紹介します。

飲み方自在!アペロールとは?

みなさん、「アペロール」はご存じですか?アペロールとは、イタリア発祥のリキュールの銘柄です。バルビエリブラザーズ社が1919年に製造したことが始まりであり、アルコール度数11%と高めのお酒です。もともとの発端は、市場で売れ残ったオレンジを袋に絞り出していたところ、その果汁が発酵しお酒となったのが起源といわれています。

イタリアの習慣として、食事の前にお酒を1杯軽く飲み、おつまみ程度を食べるのが一般的です。これは、日本より夕食が1~2時間ほど遅いことが関わっているのかもしれません。イタリア語で「アペリティフ」という食前酒の意味から、アペロールと名付けられたのが名前の由来といわれています。

アペロールの味や香りって?

アペロールは赤みが強いオレンジ色をしており、ハーブやかんきつ類を使ったさっぱりとした口あたりのなかに甘さが感じられます。香りはハーブ特有のさわやかな香りが特徴。飲んだあとに口臭が気になりにくいのもアペロールならではです。そのため、レストランなどで飲むドリンクとしても最適なんですよ。

カンパリに似ていることから差がわからない方が多いですが、カンパリより味が甘めであり飲みやすくなっています。色はアペロールの方が明るめであり、オレンジ色が鮮やかです。同じリキュールなので、飲み方やカクテルの作り方は基本同じなので、カンパリのレシピをアペロールに変更しても問題ありませんよ。

アペロールを使ったおすすめカクテル

アペロールを使ったカクテルは多くあり、柑橘系のフルーツとの相性が抜群です。甘いのが好きな方向けのカクテルや、辛口のカクテルまで幅広くあるのでご紹介します。

イタリア人に最も好まれるのは「アペロールスプリット」であり、とてもポピュラーな飲み物になります。スプリットを飲みながら、オリーブをかじるスタイルが定番だそうですよ。暑さや寒さに関係なく、一年を通して飲まれるイタリア人には欠かせない食前の楽しみですね。アペロールスプリッツは飲みやすいということもあり、あまりアルコールが強くないという人にもおすすめのカクテルなのです。

アペロールソーダ

【材料】
・アペロール……30ml
・ソーダ……90ml
・レモン……適量

【作り方】
1. 大きめの氷(分量外)をグラスに入れ、アペロールとソーダを注ぎ、軽く混ぜます。
2. レモンを少し絞って完成です。

アルコール度数は8と弱くなり、甘口のさっぱりとしたカクテルになります。キンキンに冷やすほどおいしくなりますから、グラスも冷蔵庫で冷やしておくといったような工夫をしておくとよいでしょう。

アペロールスプリッツ

【材料】
・アペロール……40ml
・ソーダ……40ml
・白ワイン……25ml
・オレンジ……1/16個

【作り方】
1. まずはグラスに多めに氷を入れて、輪切りにスライスしたオレンジを入れます。
2. 白ワイン・ソーダを注いで、アペロールを最後に入れれば完成です。

オレンジがきいて、少しアペロールソーダより辛口風味になっています。発祥地イタリアの若者に大人気のテイストなんですよ。

アペロールオレンジ

【材料】
・オレンジジュース……80ml
・アペロール……20ml

【作り方】
グラスに好みの量の氷を入れ、アペロール次いだあとオレンジジュースを注ぎ、軽くまぜたらできあがりです。フルーティーな味わいを楽しめるカクテルで、甘口の仕上がりになりますよ。

アペロールモーニ

【材料】
・グレープフルーツジュース……50ml
・アペロール……35ml
・ソーダ……50ml

【作り方】
多めに氷をグラスにたっぷりと入れて、アペロール・ソーダ・グレープフルーツジュースを順に入れ、軽くまぜたら完成です。

「アペロールソーダ」にグレープフルーツジュースをアレンジしたカクテルです。酸味と甘さが抜群にマッチして、飲みやすくなっているためおすすめです。アルコール度合いも低いので、あまり酔っ払いたくないときにもよいでしょう。

ヴェネツィアモヒート

【材料】
・アペロール……30ml
・ソーダ……90ml
・ライム……1/8個
・ミント……5束
・砂糖……ティースプーン1杯(溶けないようならシロップでも代用可)

【作り方】
1. グラスにアペロールとライム、半分の量のミントを入れ軽くつぶします。
2. 氷を多めに入れソーダを注ぎ、砂糖を入れて混ぜてください。
3. 残りのミントを飾りをつけたら完成です。

ラム酒の代用としてアペロールを使うことによって、軽めの甘さが特徴的なモヒートになっていますよ。

おわりに

いかがでしたか?アペロールを使えば、多くの種類のカクテルをご自宅で簡単に楽しむことができます。量の調節や、ちょっとしたアレンジ方法で自分だけのオリジナルカクテルを作れますよ。グラスの大きさを変えたり、飾りのフルーツなどをひと手間加えたりして、大切な方へふるまってみましょう。また休みの日にはイタリア人のように、食前酒に取り入れてみるのもお酒の楽しみ方のひとつですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

お家で簡単パティシエ気分♩本格「フロランタン」のレシピを詳しく解説!

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

おかずもサラダも絶品!捨てずに食べたい人参の葉レシピ10選

レシピ まとめ

葉っぱ付きの人参、どのように使っていますか?葉は捨てているという方、それはもったいないですよ!人参の葉は捨てないで活用することができます。無駄にせず、すみずみまで食べるために人参の葉を使ったおすすめレシピをご…

とろとろ「タンシチュー」の絶品レシピ!圧力鍋や炊飯器での作り方も◎

レシピ 牛タン

とろとろ食感がたまらないタンシチュー、年齢問わず人気ですよね。ポイントさえ押さえれば、意外と簡単に絶品タンシチューを作ることができます。今回は、普通のお鍋を使ったタンシチューレシピと、圧力鍋や炊飯器を活用した…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

大人も子どもも喜ぶ!「オーロラソース」を使った人気レシピ10選

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

マリー・アントワネットも愛した「クグロフ」のレシピのまとめ☆「7」選

クグロフ レシピ まとめ お菓子

ドイツやフランスで愛されているお菓子、クグロフ。あの、マリー・アントワネットも好んで食べていたと言われています♪そんなクグロフの、アレンジレシピをご紹介します。

みんな大好き♡オムライス♪基本レシピとアレンジ「7」選

オムライス レシピ まとめ

オムライスはみんな大好き!ケチャップかけたシンプルオムライスはお母さんの懐かしい味♡そして進化系オムライスはひとくち食べたら驚き♪食べた人を幸せにしますよっ♡ケチャップライスの入った基本のオムライスとアレンジ…

どうせ飲むならヘルシーに!おつまみサラダレシピ11選

サラダ おつまみ レシピ まとめ

お酒もできればヘルシーに楽しみたい!それにはおつまみ選びも大きなポイント。そこで今回はおつまみサラダのレシピをご紹介。お肉やチーズなど脂っこいものにかたよりがちですが、サラダなら安心ですよね。ぜひご家庭にある…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

仙台生まれのマフィン専門店「デイリーズマフィン東京」が東京蔵前に進出!!

おしゃれ 東京 専門店

仙台に本店を構える「デイリーズマフィン」が、東京蔵前で2号店を今年1月にオープン☆ アメリカンポップでキュートな店内には、こぼれ落ちそうなほどのビックマフィンが美味しそうに並んでいます!食べごたえのあるマフィ…

鎌倉で電源・WiFiのあるカフェまとめ*ノマドにもどうぞ♪

カフェ 鎌倉 まとめ

観光地としても人気の鎌倉には人気の高いおしゃれなカフェもたくさん♪歩き疲れたらスマホの電源を充電しながらゆっくりと休んでみませんか?今回は鎌倉で電源・WiFiのあるカフェをまとめました。ノマドワークにもどうぞ!

果糖のとりすぎには注意!「フルクトース不耐性」という病気を知ってますか?

フルーツ スイーツ

人間の体はたくさんの「果糖」は処理しきれないんだそうです。「フルクトース不耐性」という症状をもつ人も中にはいるようですよ。一体どういうことなのでしょうか?海外の記事からピックアップしてご紹介します。いや、初め…

ページTOPに戻る