ローディング中

Loading...

冬至に食べると風邪を引かないと昔から言い継がれる郷土料理「いとこ煮」のレシピと諸説ある呼び名の由来をご紹介します。体を温めてくれる大根などの根菜と小豆を甘く煮込んだ、甘くてやさしい味に心もほっこりしますよ♩

いとこ煮とは?

みなさん「いとこ煮」という料理をご存知ですか?知らない、という方はもちろん、名前からは想像もつかないという方がほとんどなのではないでしょうか?
いとこ煮とは、富山県をはじめとした北陸地方、奈良県、山口県で郷土料理として食べられている根菜と小豆を甘しょっぱく味つけた煮物です。神様に供えた食材を寄せ集めて煮たことがはじまりで、もともとはお盆やお正月、祭礼の際に食べられていました。今でも一般家庭で楽しまれているほか、地域の祝い事のときにはいとこ煮がよく食べられています。

地域によって煮込む材料や味付けが異なるのも特徴のひとつで、一般的に知られているのは、かぼちゃと小豆を甘く炊いた奈良県のスタイルですが、煮物ではなく汁物であったり、小豆や大根の味噌汁のことを指す地域もあります。このような地域差があるのも、いとこ煮の面白いところでしょう。

いとこ煮の名前の由来

だったらあずき煮でいいじゃない!どうして「いとこ煮」って言うの?と思った人もいるはず。実は、いとこ煮の語源には諸説あるんです。

一般的に多く知られているのはこちら。材料を煮えにくいものから順にお鍋に入れて煮込んでいくことから、「おいおい煮る」を「甥甥」にかけ、すなわち「いとこ」と名付けられたとされている説です。

また、それぞれ煮ていくことを意味する「銘々に煮る」を、「姪々」とかけ、それが「いとこ」に繋がったという説。

そして、複数の野菜を煮ていく中で、種類は異なるけれども近親関係であることから「いとこ」と見立てた説などがあります。

長い歴史の中でさまざまな説があるのも、それだけ地元の方々に親しまれ、土地に根付いた食べ物だといえますね。

いとこ煮の作り方

ここからは、いとこ煮を郷土料理として親しむ富山県、奈良県、山口県の各いとこ煮の作り方をご紹介します。各地域によって全くスタイルが違い、とても興味深いですよ!甘くてやさしい味のいとこ煮を食べて、風邪をひかない体を作りましょう!

富山のいとこ煮

富山県のいとこ煮は、里芋、人参、ゴボウ、大根などの根菜類とこんにゃく、油揚げを煮て、あらかじめホクホクに茹でておいた小豆を加えて味噌や醤油で味を調えた汁物を指します。ほとんど甘みもなく、体を温める根菜がたくさん入っている体にやさしい汁物です。北陸地方では、冬の報恩講のお参りの際に食べられていました。

現在でも冬の寒い時期に、よく食卓にあがる温かい汁物で、幅広い年代の方たちに親しまれています。富山県のいとこ煮は材料も手に入りやすく、アレンジもしやすいので、初めていとこ煮を作る人にもおすすめです。

富山県のいとこ煮の詳しいレシピはこちらから↓

奈良のいとこ煮

奈良のいとこ煮は、かぼちゃと小豆を砂糖と醤油で甘く味付けした煮物を指します。いとこ煮としては、一番全国的に知られているスタイルでしょう。奈良では、これを冬に食べると風邪や痛風にならないと言い伝えられ、ご利益があるとして神棚や仏壇に供えてからいただくそうです。

小豆はあらかじめ圧力鍋で炊いておくのがおすすめ。加圧の時間を意識して、ふっくらと柔らかくなるように炊きましょう。また、砂糖を少し多めにすると、デザートのような感じで楽しめます。

奈良県のいとこ煮の詳しいレシピはこちらから↓

山口のいとこ煮

山口県のいとこ煮は地域によって全く異なります。日本海側の萩地域では、昆布の出汁がきいたお汁に、小豆や白玉団子、シイタケ、花麩が入っています。イメージとしては塩味がきいたお吸い物のようなもので、白玉は祝儀のときは赤く色付けし、不祝儀のときは白か緑に色付けするのです。見た目はまるでぜんざいのようですね。

一方、瀬戸内海側のいとこ煮は、汁気がなくなるまで煮詰めたものをさします。こちらの味付けは甘く、地域によって根菜が入っていたり、入っていなかったりします。

このように同じ県内でも地域によって異なり、さらには家庭によってもそれぞれの味がある「いとこ煮」。食べるときは冷蔵庫で冷やして食べるのが一般的です。かまぼこやシイタケであしらってもよいでしょう。
ほかにも、山形の庄内地方ではもち米を使ったいとこ煮が有名です。見た目はまるでお赤飯のようになっていて、食感はおはぎのようにもちもちです。小豆の汁がふんだんに染み込んだもち米が最高ですよ。

このように、いとこ煮という郷土料理は地域によって作り方が異なるんですね。自分好みのいとこ煮の味をぜひ探してみてください!

かぼちゃと小豆のいとこ煮のレシピ

次は、いとこ煮の基本的な作り方をご紹介します!どの地域のいとこ煮がよいかわからない、そんな方はまずこの基本的な作り方をマスターしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

東京駅 和菓子 新橋 東京

新橋の新正堂が販売する「切腹最中」。ちょっとびっくりなネーミングながらもすごい人気の和菓子となっていて、いまや東京名物として東京駅や羽田空港などでも購入できるそうです。いま忠臣蔵ファンからも注目を浴びている切…

スイーツ 中野

ロッテリア中野サンモール店再オープンと同時に発売された「コアラのマーチ焼」は、同店舗だけの限定発売。全国、いえ、世界中のどこだろうとほかでは食べられないメニューです。この注目の商品をさっそく入手すべく、中野へ…

鶏肉 カレー スープ スープカレー まとめ

おいしくて、タンパク質やコラーゲンなどを含む手羽元。下処理が難しそう…と思われがちですが、コツをおさえればとっても簡単。今回は、ポトフやスープカレーなど人気のレシピを紹介していきます。煮込んでホロホロになった…

レシピ そば

瓦そばは、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、メインキャストの平匡が思い出の食べ物として紹介したことで注目を集めています。瓦そばとはどんな食べ物?その素朴な疑問から、本格レシピ、お家で作れる簡単なアレンジレシ…

パンケーキ

スフレパンケーキ専門店「FLIPPER'S(フリッパーズ)」に、期間限定メニュー『奇跡のパンケーキ 抹茶あずき』が2017年4月10日(月) より登場。抹茶特有のほろ苦さと、優しい甘みが後味に広がる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新潟 お土産 スイーツ まとめ

新潟といえば、大自然から生まれた「おいしいもの」がたくさんあります。そんな、食材の宝庫・新潟県では、どのようなお土産が手に入るのでしょうか。わざわざ買いに行きたくなるような、絶品新潟土産をご紹介していきたいと…

スイーツ 東京 お土産 まとめ

海外では最高のスイーツのひとつとして愛されている「エッグタルト」。しかし日本ではパンケーキやチーズケーキの影に隠れてしまっているのか、あまり注目されてないですよね。一度食べたら、今まで気付かなかったことを後悔…

調味料 パン バター まとめ

今回は近くのスーパーや、通販などで手に入る本当においしいバター5選をご紹介します。濃厚で芳醇な香りが楽しめるものや、ミルキーな味わいが特徴のバターなど、個性豊かなバターを集めました。毎日のプチ贅沢にぜひ極上バ…

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る