いつものトーストも秋色に!こっくり甘い「かぼちゃトースト」はいかが?

秋はかぼちゃがおいしくなる季節です。しっとりとしてほんのり甘いかぼちゃは、カリカリに香ばしく焼いたトーストにも好相性。インスタを中心に、秋色のおしゃれな「かぼちゃトースト」が話題になっています。どんな風につくるのかご紹介します。

2019年12月17日 更新

ライター : wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプラが大好きです♪

秋といえばかぼちゃ

秋に甘みが増しておいしくなるかぼちゃ。すこし涼しくなってくると、サツマイモやかぼちゃのような、こっくりとした甘みのものが食べたくなりますよね。かぼちゃは、煮たり焼いたりしてホクホク食感を味わうのもよし、マッシュしてなめらか食感を味わうのもよしの、使い回しがきく食材です。この時期は街でも、かぼちゃプリンやかぼちゃケーキ、かぼちゃパンなどをよく見かけますよね。 かぼちゃはとても硬いので切るのに苦労しますが、レンジで加熱すればラクチンです。買ってきたかぼちゃをそのまま、ラップにかけて5分から10分レンジにかけるだけ。やわらかくなれば、カットするのもペーストにするのも、簡単にできちゃいますよ。

SNSで「かぼちゃトースト」が人気

InstagramなどのSNSを中心に、「かぼちゃトースト」が人気を集めています。かぼちゃトーストといっても、作り方は多種多様。 スライスしてソテーしたかぼちゃをのせたり、マッシュして塩コショウ、バターを加えたものをのせたり、いろいろな具をトッピングしたりできます。はちみつやチョコレートソースなどを加えて、スイーツのようにも作れるんですよ。 Instagramには、こんな食べ方もあったんだ、と思わず関心してしまうものや、眺めるだけで楽しくなっちゃうおしゃれなものまで、たくさんのかぼちゃトースト(Pampkin Toast)がアップされています。

かぼちゃトーストレシピアイデア5選

1. カシュークリームとかいわれのかぼちゃペースト

こちらは、カシューナッツを水と一緒にブレンダーにかけて、ペーストにしたものをトーストに塗ってあります。その上に、かぼちゃペースト、カボチャの種、ごま、貝割れ大根をトッピング。ビタミン、ミネラルがたっぷりとれて、キレイになれそうなカボチャトーストですね。 カシューナッツペーストは、バターより体脂肪に変わりずらく、ナッツのコクも味わえます。カシューナッツがなければ、少し甘くなりますが、市販のピーナッツバターでも代用できそうです。

2.ベーコンとかぼちゃのトースト

こちらは、ベーコンの上に、レタスと粗く潰したかぼちゃをこんもりとトッピングしてあります。ベーコンの塩気とかぼちゃの自然な甘さが絶妙なおいしさ。彩り鮮やかなトーストは朝食にぴったり。元気に一日をスタートできそうですね。

3. チアシードとゆで卵のかぼちゃトースト

カボチャペーストを塗ったトーストに、つぶしたゆで玉子をのせ、スーパーフードのチアシードをちりばめたアレンジです。良質のタンパク質が詰まった玉子と、アンチエイジングにいいとされるチアシードがプラスされていて、美容成分をフルチャージできちゃいそう。

4. かぼちゃのフレンチトースト

これまで、ペースト状にしたかぼちゃをトッピングしたトーストをご紹介してきました。こちらはパンにはさんでフレンチトーストにしたひと品。甘さ控えめのレシピなので、メープルシロップをかけてどうぞ♪

特集

FEATURE CONTENTS