ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

ほうば味噌とは?

飛騨高山の郷土料理「ほうば味噌」

「朴葉(ほうば)味噌」は岐阜県の飛騨高山地方に伝わる郷土料理。味噌にねぎやしょうがなどの薬味やしいたけを混ぜ、朴葉の上で焼いたものです。ほうば味噌という名前は、朴葉の上に味噌をのせ、焼いて食べることに由来しています。

ほうば味噌は、飛騨の厳しい冬の間、凍った漬物と味噌を朴葉の上で合わせ温めて食べたことが発祥。飛騨高山地方で多く自生している「朴(ほおのき)」の葉である朴葉は、サイズが大きく丈夫で、燃えにくいという特徴があります。お皿のように使って火を通すことができるんですよ。

また、餅を朴葉で包むとカビが生えないと言われるほど殺菌作用があるうえ、よい香りが魅力。さまざまな食材と相性もいいんです。ほうば味噌は飛騨高山地方の名産として大人気。現地で食べるだけでなく、お土産として利用する観光客がとても多いですよ。

ほうば味噌の味わい

飛騨の味噌は、塩気が控えめで甘味があるのが特徴。ほうば味噌は、飛騨の味噌をそのまま焼くのではなく、酒やみりん、砂糖などを加えて好みの味に調整します。さらに、ねぎやしょうがなどの薬味やしいたけ、えのきなどのきのこを細かく切って混ぜ合わせ、奥深い味わいに。

具材を混ぜ込むことによって、一般的な味噌にはない食感を楽しめます。ほうば味噌は、飛騨高山の名産「飛騨牛」との相性抜群。また、白いごはんにのせて食べると、朴葉の上で焼く香ばしさや香りを存分に楽しむことができます。ほうば味噌のおいしさで箸がすすみますよ。

ほうば味噌のおすすめの組み合わせ

1. 味の組み合わせに間違いなし。「魚」

しっかりめの味付けであるほうば味噌は、魚と組み合わせることにより、魚と味噌両方の味を引き立たせることができます。特に鯛や鮭、さわらなど白身魚との相性がよく、味噌の旨味を感じられますよ。さんまやいわしなどの青魚でもおいしいです。味付けに失敗する不安がないのもうれしいですね。

2. ごはんのおかずに最適。「肉」

ほうば味噌と肉の組み合わせも絶品。ほうば味噌は、飛騨高山の名産「飛騨牛」との相性がよいのは有名ですが、豚肉や鶏肉ともよく合います。甘辛い味付けの肉は、ごはんのおかずにもってこい。長ねぎやしいたけ、えのきなどお好みの野菜と一緒に焼くと、もりもりごはんがすすみます。

3. 香ばしい味噌と相性抜群。「ごはん」

ごはんとほうば味噌はもっともおすすめの組み合わせですが、そのなかでも焼きおにぎりはぜひ作りたいひと品。おにぎりにほうば味噌を塗って、トースターやグリルパンで焦げ目が付くまで焼きましょう。香ばしくて止まらないおいしさです。

簡単!ほうば味噌の作り方

ほうば味噌の作り方はとても簡単。おうちで使う味噌に甘味を加えて、お好みでねぎやしょうがなどの薬味やしいたけを混ぜます。旨味とコクのあるほうば味噌があっという間にできあがり。レシピでは乾燥しいたけを使いますが、生のしいたけでもOK。乾燥しいたけのほうが出汁が出て、奥深い味わいになりますよ。

編集部のおすすめ