ごはんが進む!高山名物「朴葉味噌」の作り方とアレンジレシピ

「朴葉味噌」を食べたことありますか?飛騨高山の郷土料理で、白いごはんに乗せて食べれば何杯もいけるおいしさです。いったいどんなお味噌なのか詳しくご紹介します。さらに基本の作り方からアレンジレシピもまとめたので、ぜひ試してみてくださいね。

朴葉味噌とは?

飛騨高山の郷土料理「朴葉味噌」

朴葉味噌(ほうばみそ)は岐阜県の飛騨高山地方に伝わる郷土料理で、お味噌に薬味や山菜を混ぜ朴の葉っぱの上で焼いたものです。朴葉味噌とよばれる名前の由来は、朴(ほう)の葉の上に味噌をのせ、火を通して焼いて食べるから。朴葉は飛騨高山地方ではたくさん収穫でき、丈夫な葉であることから、お皿のように使って火を通すことができます。お餅を朴葉で包むとカビが生えないともいわれるほど殺菌作用もあり、さらに食欲をそそる香りがあります。朴の葉は食べ物との相性がとてもいいのです。

朴葉味噌の発祥は、飛騨の厳しい冬の季節に、凍った漬物とお味噌を朴葉の上で合わせ温めて食べたことがはじまりといわれています。現在では、味噌にお野菜や、しいたけなどのきのこ類を混ぜていただくようになりました。飛騨高山地方の名産として人気があり、現地で食べたりお土産としても買って帰る観光客が多いといいます。

朴葉味噌の特徴

飛騨の味噌は、塩気が控えめで甘みを感じる味です。朴葉味噌は、このお味噌をそのまま焼くのではなく、ねぎやしいたけ、えのきなどのきのこ類を細かく切ったものを、混ぜ込みます。料理酒やみりん、お砂糖などでお好みの味に調整して、味に深みを増します。具材を混ぜ込むことによって、一般的なお味噌にはない食感も楽しめますよ。食べてみると、朴葉の上で焼くことででる香ばしさや香りを十分に感じることができます。白いごはんにのせると、朴葉味噌のおいしさでお箸がどんどん進むとか。飛騨高山の名産、飛騨牛との相性も抜群だといいます。

簡単!朴葉味噌の作り方

香ばしさがたまらない朴葉味噌。まずはご自宅でもできる基本的な作り方をご紹介します。初めての人におすすめです。朴葉が手に入らないという人もご安心を。朴葉の代わりにアルミホイルでも作れますよ。

お味噌と砂糖、食べやすい大きさに切ったお野菜を混ぜ合わせて朴葉の上に乗せ焼けばできあがり。白いごはんやお肉のソースにぴったりです。アルミホイルでもおいしくできます。

朴葉味噌のおすすめの組み合わせ

牛肉

朴葉味噌と牛肉はとってもマッチするんです。お味噌の甘みで、子供から大人まで楽しめる味になっています。白いごはんとも相性抜群!スタミナをつけたいときにおすすめです。夏バテ対策にもなります。

牛肉、朴葉味噌に加えて、蒸し焼きしたナスも一緒に炒めてみてください。お好みでさらに野菜を加えるのも◎。

ブリ

ブリと合わせて食べるときも、基本的な朴葉味噌の作り方を手順通りに行います。お味噌が香ばしく焼けたらフライパンからあげ、同じフライパンでブリを焼きます。ブリには何も味付けをせず、焼き色がついたらできあがった朴葉味噌の上にのせて、お味噌と絡めてブリをいただきましょう。味噌焼きのブリがいいおかずになり、どんどんごはんがすすみますよ。

ごはん

できあがった朴葉味噌は、そのまま白いごはんにのせるだけで、どんぶり一杯をぺろっと食べられるくらい食欲をそそるメニューになります。朴葉味噌は味が濃いめなので、少しの量でもたくさんのごはんを食べられますよ。

また、おにぎりに朴葉味噌をトッピングしても、おいしい朴葉味噌おにぎりに仕上がります。塩をいつもより少なくしておにぎりを作り、フライパンで軽く焼いたものに朴葉味噌をのせ、少し焼き色をつけたら朴葉味噌おにぎりのできあがり。オーブントースターで焼けば、カリッとした食感も楽しめます。作り置きでもすぐに出せるので、おすすめです。

朴葉味噌を使ったレシピ

朴葉味噌厚揚げ

厚揚げに朴葉味噌をのせてカリッと焼いて、大葉と合わせてすっきり食べられるひと品です。大葉や油揚げの水分が残らないようにするのが、おいしく食べるポイントで。ひと口サイズにすればみんなが食べやすくなり、大人数のパーティーメニューにも向いています。

作り方は簡単。厚揚げと朴葉味噌を合わせ焼きます。十分に水気を切った大葉を仕上げに乗せれば完成です。

里芋の味噌焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう