連載

これぞおつまみの定番!やみつき『香ばしガーリックシュリンプ』レシピ

ハワイの定番メニュー「ガーリックシュリンプ」。ニンニクと香ばしいエビの香りが食欲をそそるひと品をおうちで作ってみませんか?今回はひと手間プラスすることで、殻から旨味を引き出しパリッと仕上げました。冷めてもおいしくいただけますよ。

2016年8月1日 更新

ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

家でおいしいガーリックシュリンプを作るコツとは?

ハワイに行ったらまずは食べたい「ガーリックシュリンプ」!エビの旨味にガーリックの香りが相まって、手が止まらなくなりますね。 そんなに難しい料理でもないはずだし、自宅で作れたらとってもうれしいひと品。でも、エビがベタついていたり、味が染みこんでおらず「家で作るとお店のようにおいしくならない‥」と思ったことはありませんか? 今回は、そんな意外と難しいガーリックシュリンプを自宅でおいしく作るレシピをご紹介します!エビの殻から香ばしい香りを十分に出したガーリックシュリンプは、冷めても殻がパリッとしておいしく味わえますよ。 これからのレパートリーにプラスされることまちがいなしのレシピです。

『香ばしガーリックシュリンプ』の作り方

材料(4人分)

殻付きエビ(バナメイエビ等) 12匹 A ニンニク 1片 A 白ワイン 小さじ2 A 醤油 小さじ1 A チリパウダー(七味唐辛子で代用可) おこのみで A 塩 ひとつまみ オリーブオイル 大さじ2 ※ニンニク 1片 ※Aのニンニクとは別途ニンニク1片を使用します。

作り方

①エビは脚を取り除き、食べる時に殻が剥けやすい状態にする。
②ニンニクは2片ともみじん切りにする。
③エビを入れたボウルにニンニク1片分、Aの調味料を加えて味を染み込ませる。
5〜10分ほど味を染み込ませましょう。
④魚焼きグリルやトースターで味付けしたエビを強火で8分ほど焼く。
漬け汁は後ほど使用するので捨てないでおきましょう。
⑤殻が赤く色づき、香ばしく焼けたら火を止める。
⑥残りのニンニク1片とオリーブオイルをフライパンに入れ、熱して香りを出す。
⑦Aの漬け汁を加えて熱し、アルコールを飛ばす。
⑧グリルしたエビを加え、エビ全体にガーリックオイルを絡める。
あまり時間をかけるとエビの身がぱさつくので、中火〜強火でサッと仕上げましょう。
⑨エビに火が通ったら火を止め、バターを加えて混ぜる。
⑩パセリを散らす。
スキレットで作る場合はそのまま食卓に出すと、おしゃれなテーブルを演出できそうです。

ビールと一緒に乾杯!

できたてアツアツをめしあがれ!ご家庭で食べるなら、手でつまんでかぶりついちゃうのも楽しいかもしれませんね。 殻ごと直火加熱することで、殻から旨味や香りが存分に溢れます。ガーリックの香り出しにひと手間プラスするだけで、香りの広がりが桁違いに変わりますよ! ぜひ、作ってみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS