切ってびっくり!「サプライズケーキ」のレシピアイデア10選

最近、スイーツの進化が目覚ましいですよね。いま海外ではゲストを楽しませてくれる「サプライズケーキ」が、人気を集めています。今回はそんなサプライズケーキのレシピを10選ご紹介!パーティーやお誕生日用に作ってみてはいかがでしょうか。

2018年9月20日 更新

海外で人気急上昇!サプライズケーキ

いま海外のスイーツレシピで、サプライズケーキが話題になっているのをご存知でしょうか?

サプライズケーキとは、ケーキをカットしたときにカラフルな切り口やお菓子が出てくる、見た目にも楽しいアート感覚のケーキのこと。ポップなカラーバリエーションと華やかさが、パーティーを盛り上げます。クオリティ高めのケーキに見えますが、作り方は意外と簡単!インスタグラムなどのSNSでも多く取り上げられていて、挑戦する方も続出しているんですよ。

今回は、そんなサプライズケーキの作り方やアレンジアイデアをいくつかご紹介します。パーティーやお誕生日会で作れば、盛り上がること間違いなしです。

サプライズケーキのアイデアレシピ10選

1. サプライズハートパンケーキ

まず、スポンジケーキをハート型にくり抜いておきます。数はケーキの長さに合わせて型抜きしてくださいね。 ケーキ型に土台となる生地を少し流し入れて、ハートにくり抜いたスポンジを中央に一列に並べていきます。間隔を開けずに並べるのが、キレイに仕上がるポイントです。そして残りの生地を流し入れ、180度に温めておいたオーブンで30分焼きます。できあがったら粗熱を取り、かわいくデコレーションしましょう。

切り口がとても楽しみですね!また、ケーキのデコレーションにはフォンダントもおすすめです。
うまく焼けたらデコレーションもきれいに仕上げたいですよね。パウンドケーキをクリームでデコレーションするのは意外と難しいので「マシュマロフォンダント」を使う方法もあります。クリームを絞るのが苦手な方にはおすすめです。詳しいレシピは以下のリンクからどうぞ。

2. カラフルな水玉のパウンドケーキ

パウンドケーキの生地を一般的なレシピで作っておきます。つぎに水玉模様になるように数種類の色の生地を作りますが、ひとつずつ作るのは大変なので生地を多めに作り、数個に小分けして色を混ぜるのがよいでしょう。

食紅を使うと色合いはきれいですが、着色料が気になる場合は、カボチャやほうれん草のペーストを使う方法もあります。パウンドケーキの生地を型に入れてから、色付けした生地を丸めてのせます。丸めるときにサイズ違いの大きさで作ると仕上がりがキュートです。また、一列ではなくランダムにおくと雰囲気がでます。焼きあがったら、チョコレートでコーティングをしたり粉砂糖をまぶすなどして、お好みで飾ってみましょう!

3. アニマル柄サプライズケーキ

通常のスポンジケーキを作る要領で、模様となる色の「オレンジ」と「ブラウン」を作り
絞り袋に分けていれます。ケーキの型に生地をいれるとき、模様を目立たせるためにホワイトの生地をベースに絞ります。

そのあと、らせん状にブラウンの生地を絞り、その上にオレンジ色の生地、再度重ねるようにブラウンの生地を絞ったあと、ホワイト生地を間に絞りいれ全体を埋めれば1段目が完成です。切り口をきれいに見せるためには、1段ずつ焼くのがベストです。180度で温めておいたオーブンで30分焼き上げてください。少し冷まし、余熱を取ってお好みにデコレーションしたら完成です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ichika

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう