ローディング中

Loading...

連載:インスタ朝ごはん by Good Morning Japan

おいしそうに見せるポイントは「焼き色」にあり!今回はカナダの朝食の定番「モンティクリスト」のレシピをご紹介します。フレンチトーストやパンケーキでも応用できる「黄金の焼き色」のつくり方も合わせてご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

人気朝食メニューに必須の黄金の焼き色

朝食の定番といっても過言でもない、パンケーキとフレンチトースト。このふたつは、こんがりとしたきれいな焼き色が食欲をそそりますし、なんといってもおしゃれに見えますよね!Instagramでもよく見かけるのではないでしょうか?

パンケーキやフレンチトーストももちろんおいしいですが、今回はカナダの朝ごはんの定番「モンティクリスト」のレシピをご紹介します。

モンティクリストって?

モンティクリストとはカナダ生まれのサンドイッチで、フレンチトーストとクロックムッシュの中間のようなお料理。クロックムッシュはハムとチーズをはさんだパンをフライパンで焼き上げたものですが、モンティクリストはそのパンをフレンチトーストにしたものです。こんがりと焼いた、ジューシーなパンの中から、チーズがとろけ出す絶品ですよ。

今回は「黄金の焼き色」をつくるコツや、おしゃれに撮影するためのテクニックまでご紹介します。コツをおさえればInstagramで「いいね!」が集まることまちがいなしのモンティクリストができますよ。

黄金の焼き色をつくるための3箇条

まずは黄金の焼き色をつくるための3つのポイントをご紹介します。これらはモンティクリストだけではなく、フレンチトーストやパンケーキでも応用できますので、ぜひ試してみてくださいね。

① バターをたっぷり使うこと

黄金の焼き色を目指すのに、「あ、バターを切らしていた」……なんてことはあってはいけません。オリーブオイルやサラダ油では、ちょっと物足りない焼き色になってしまいます。バターを使うことで、黄金の焼き色をつけることができるのです。また、焼いているときに香ばしい香りがするのも、バターで焼く醍醐味ですよ。

② 黄金の焼き色に時短は禁止!「ごく弱火」でじっくり焼くのが基本

朝食を作る時間は、なるべく短時間で済ませたいですよね。しかし、ここで急ぐとできあがりが台無しになってしまいます。モンティクリストを作るときには、「ごく弱火」で、じっくりと中まで火を入れていきましょう。

③ むやみやたらに触らない

火にかけた途端、焦げないか心配になってしまいますよね。すぐにひっくり返したり、触りすぎたりしては、きれいな焼き目が付くのを遮ってしまいます。ごく弱火で焼いていれば、急に焦げ付くことはありません。とりあえず1分半は放置です。そのあとは様子を見て、ちょうどいい焼き色でひっくり返しましょう。

【レシピ】黄金の焼き色・モンティクリスト

材料

6枚切り食パン 2枚
ハム 2枚
とろけるチーズ 2枚
牛乳 50cc
卵 1個
粉チーズ 大さじ1
バター 10g
粉砂糖 適量(お好みで)
メイプルシロップ 適量(お好みで)

作り方

1. 卵、牛乳、粉チーズをバットでよく混ぜ合わせる。
2. 食パンに、ハムとチーズをはさみ、半分にカットする。
3. 2を1の液に浸す。裏に返したりしながら、食パンの両面に液がしっかり染み渡るまで置いておく。
4. 熱したフライパンにバターをひき、弱火にしたら、こんがりとした焼き色が付くまで両面を焼く。
5. お皿に盛ったら、お好みで粉砂糖とメイプルシロップをかけてできあがり。

おいしい瞬間を写真におさめましょう

Instagramの投稿で、「いいね!」が集まりやすい朝食には特徴があります。それは「おいしそう!」と思ってもらえるような瞬間を写真におさめていること。このレシピをそのような写真にするためには、レシピ紹介の冒頭の写真のように、チーズがとろける瞬間と、ハチミツやメイプルシロップをかけている瞬間を、同時にキャッチすることが肝心です。

このモンティクリストのよいところは、黄金の焼き色のほかに、このプラスαの魅力が一緒に出せるところにあります。食パンの間にチーズとハムをはさんで焼くことによって、半分にカットした瞬間に溶け出したチーズをキャッチできます。また、シロップをかける瞬間をキャッチするのはちょっと難しいですが、片手で先にカメラを構えて、もう片方の手でシロップをかけていきます。このワザをマスターすると、とってもすてきな写真が撮れますよ。

ぜひご自宅で、黄金の焼き色のついた「モンティクリスト」を作ってみてくださいね。
Illustration by Natsuko Akahani

《インスタ朝ごはん by Good Morning Japan》の記事一覧

連載記事

パンのスキマにどんどん詰めて!「ハッセルバックブレッド」でおしゃれな朝食を

スウェーデンのじゃがいも料理、ハッセルバックポテトをバゲットでアレンジした「ハッセルバックブレッド」。好きな具をどんどん詰め込めば、フォトジェニックなサンドイッチ「ハッセルバックブレッド」の完成です!朝食にも…

連載記事

パンケーキがサンドイッチに!「わんぱくパンケーキサンド」で朝からしあわせ気分♩

具をボリュームたっぷりはさんだ、わんぱくサンド。今回はパンの部分のパンケーキで作った贅沢すぎるサンドイッチ!サンドイッチとパンケーキのコラボは見ているだけでワクワクするので、つい写真を撮ってInstagram…

連載記事

作り方は簡単!ふわしゅわ「スフレパンケーキ」のレシピでカフェ気分♩

カフェの人気メニュー、ふわふわでしゅわっと溶ける「スフレパンケーキ」。実はとっても簡単に自宅で作れちゃうんですよ。今回は失敗知らずの簡単レシピを写真付きでご紹介します。休日の朝をちょっとおしゃれに過ごしてみま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

柄が変わる!本家長門屋「羊羹ファンタジア」の美しさが五度見レベル♪

「羊羹」といえば栗ようかんや小倉ようかんが定番ですが、切るたびに絵柄が変わる「羊羹ファンタジア」をご存知ですか?老舗和菓子屋の「本家長門屋」が作り出す、繊細で新しいスタイルの羊羹はSNSや口コミで大反響!さて…

「すき焼き」の基本レシピ。おすすめ具材からシメまで教えます!

関東と関西で作り方が違う「すき焼き」。今回は、関東風の作り方を中心に、おすすめの具材や人気のシメ、2日目に食べたいリメイクレシピなどを、まとめてご紹介します。この記事を読み終わるころには、あなたもすき焼きマス…

ページTOPに戻る