連載

燻製いらず!オーブンで簡単『なんちゃってビーフジャーキー』レシピ

おつまみの王道「ビーフジャーキー」。でも、市販のものは味も濃いし、量が少なくてすぐなくなってしまいますよね。でも、自分で作れば思う存分食べられちゃいますよ!燻製いらずなのに、本格的な味わいのビーフジャーキをお家で作ってみませんか?

燻製なしでビーフジャーキーができる⁉︎

おつまみの定番、「ビーフジャーキー」。
お家で作るにはちょっとハードルが高い料理ですよね。牛肉に下味を漬け込んで寝かせ、乾燥させて、燻製して……最低でも1日以上はかかってしまいます。

「もっと簡単に作れたら、たくさん作ってビーフジャーキーを思う存分食べるのに‥」と、思ったことはありませんか?

今回は燻製なしで簡単に作れるビーフジャーキーのレシピをご紹介します。漬け込み時間も2時間あれば十分!オーブンでじっくり焼いて、その日の夜にはおいしいビーフジャーキーを楽しめます。

ぜひたくさん作ってみてくださいね。

『なんちゃってビーフジャーキー』の作り方

材料(作りやすい量)

牛肉(モモ肉かバラ肉) 200g
A 醤油 小さじ2
A みりん 小さじ1
A 酒 小さじ1
A 砂糖 小さじ1
A 水 大さじ1
A 顆粒だし 小さじ1
黒胡椒 お好みで

※乾燥しやすいように、なるべく脂身の少ない肉を選んで下さい。

作り方

①Aの調味料を混ぜあわせ、牛肉を加えて混ぜ込む。
調味料が染みるよう、肉は軽くほぐして加えます。
②冷蔵庫で2時間以上寝かせ、味を染み込ませる。
密閉袋に調味料ごと入れ、肉がちぎれない程度に軽く揉み込んで下さい。揉み込むことで調味料が均一になじみます。
③クッキングシートに肉を重ならないように並べ、黒胡椒を振る。
重ねてしまうと加熱した際の乾燥具合にバラつきが生じるので、なるべく重ならないようにしましょう。黒胡椒は多めに振っておくと、スパイシーで市販のものに近い味になります。
④130℃に予熱したオーブンで30〜40分じっくり焼く。
低温でじっくり焼いて水分を飛ばすのがポイントです。130℃の設定がない場合は、100℃〜120℃で加熱時間を増やして調理してみてください。
⑤キッチンペーパーで肉汁を拭いてから、肉をひっくり返し、同様に30〜40分焼いて水分を飛ばす。
加熱時間はあくまで目安です。肉から水分が飛んで、カリカリに縮むまで加熱しましょう。
⑥肉から水分が飛んだら、バットにおいて油を落とす。

特集

SPECIAL CONTENTS