甘い梅酒に合うおつまみって?実はどんなお料理にも梅酒はおすすめ!

ほどよい甘さと飲みやすさから人気の梅酒。特に女性は好きな方も多いのでは?梅酒は甘めのお酒ですが、お料理にもよく合うんです。ロックやソーダ割など、色々な飲み方ができるので、さっぱりとしたメニューから濃い味まで、幅広く楽しむことができますよ。

どんなシーンにも合う梅酒

梅酒はとろりとした舌触りと、甘さのある味わいから特に女性に人気ですが、みなさんはお食事の時に飲まれることはありますか?甘さ、香りに特徴のある梅酒を、食前酒として楽しまれる方も多いかもしれませんね。ですが、梅酒は食前に味わうだけでなく、いろいろなお料理との相性も抜群なんです。ぜひ、梅酒にぴったりのお食事と一緒に味わってみませんか?

甘い飲み物はお食事に合わないと思っている方は、梅酒と合うお料理は少ないとお思いかもしれません。しかし甘みをダイレクトに感じるロックを始め、梅酒は様々な飲み方ができるので、実はお食事に合わせやすいお酒なんです。

料理に合わせて梅酒の飲み方を変えると、むしろどんなお食事もおいしくいただけるくらいです。今回は、そんな梅酒の飲み方と、合うおつまみをまとめてみました。気になるものを見つけて、ぜひ試して見てくださいね。

梅酒の基本の飲み方

梅の実を大量のお砂糖に漬け込んで作る梅酒。その出来上がりはとろりと甘く、芳醇な香りが楽しめます。アルコール度数が高いため、いろいろな飲み物で割って飲むのが定番ですが、ロックを始めおすすめの飲み方をご紹介します。

ロック

器に大きめの氷を入れたら、ゆっくりと梅酒を注ぎましょう。他の飲み物で割らない分、アルコール度数が高めですが、梅の香りや、梅酒の特徴的な甘さを堪能できる飲み方です。梅酒好きな方や、お酒の強い方におすすめです。氷は大きめのものを使用すると、すっきりとした味わいになります。

梅の甘さを感じるロックは、しょっぱさや辛さが際立つお食事におすすめです。

水割り

梅酒の水割りは、ロックを作った後に水を加える飲み方です。グラスに大きめの氷を入れたら、梅酒の原液を加えます。原液と水の比率は6:4がおすすめですが、徐々に氷が溶けて梅酒が薄まってくるので、割合は、お好みで調整すると良いでしょう。

冷たさによって甘みが緩やかになった梅酒には、あっさりとしたお食事や、お酢などの酸味のきいたメニューがおすすめです。

お湯割

梅酒のお湯割は梅酒をお湯で割った飲み方ですが、作る時のポイントはそれをグラスに注ぐ順番です。梅酒のお湯割は、まずグラスにお湯を注いただあとに梅酒を入れます。お湯と梅酒の割合は、1:1で。お湯の温度もポイントになります。あまり熱いお湯を使ってアルコールが蒸発してしまうと、梅酒の香りが損なわれてしまうため、口をつけられる程度の温度(70度くらい)が適温です。

湯気から立ち上る香りを楽しめるお湯割は、お野菜たっぷりの鍋料理と相性が良いですよ。

ソーダ割

梅酒のソーダ割は、水割りと同様にロックの梅酒を作った後にソーダを注ぎます。ポイントはなるべく多めに氷を入れておくことと、ソーダを入れた後に混ぜ過ぎないこと。温まるとソーダの気が抜けてしまうため、冷たくしておくのがベスト。またかき混ぜすぎても気がぬけるので、最後は軽く1、2回混ぜて仕上げましょう。

喉にスッキリとした刺激をあたえるソーダ割は、揚げ物メニューと合わせたい飲み方です。

お茶割

梅酒を緑茶で割る飲み方は、ホッとでもアイスでも美味しくいただけます。アイスの場合には梅酒と緑茶の割合を1:1.5にし、少し濃い緑茶の方が風味をより強く感じられます。ホットで飲みたい場合には、梅酒と緑茶の割合は1:1 がいいでしょう。

緑茶の程よい苦味を感じるお茶割は、少し濃いめに味付けられた炒め物によく合います。

ジュース割

梅酒のオレンジジュース割は、梅酒の甘さにオレンジの酸味が加わわり、爽やかな飲み物として味わえます。氷を入れたグラスに梅酒を入れたら、1:1、もしくはオレンジジュースを多めに1:2で作ります。1:1の場合には、梅酒にほんのりオレンジの風味がつき、ジュースの比率を上げると、より飲みやすくなります。

フルーティーなカクテル風のジュース割は、ナッツやオリーブ、クラッカーを使用したオードブルメニューと合わせたい飲み方です。

梅酒に合うおつまみ

梅酒は甘さを感じるお酒ですが、どんなお食事にも合わせられると言ってもいいほど、お食事とも相性がいいお酒です。ご自宅でつくることのできるメニューはもちろん、コンビニでも気軽に買える、揚げ物や煮物も、おいしいおつまみになりますよ。普段召し上がっている、揚げ物や煮物、焼き物にぜひ合わせてみてください。

よく使う食材を少しアレンジすれば、さらに梅酒に合うおつまみに変身させることができます。おすすめのおつまみレシピをいくつかご紹介します。

鶏胸肉をつかったさっぱりメニュー

玉ねぎドレッシングやレモンなどで味付けした長ネギを、茹でた鶏の胸肉にかけたメニュー。ネギの辛さに梅酒のまろやかな甘みが絡むおいしいおつまみ。梅酒の水割りやソーダ割りなど、冷たくてスッキリとした飲み方によく合います。

特集

SPECIAL CONTENTS