しっかり水気をとる

流水で洗ったらザルに上げ、ペーパータオルなどでしっかり水気を拭き取ります。水分が残っているとドレッシングなどの味が薄くなり、サラダの味がボヤけてしまいます。 ただ、毎回ペーパータオルで水気をふくのは、面倒に感じたり、量が多いと大変ですよね?そこで、サラダスピナー(野菜の水切り)が1台あると随分楽になりますよ。グルンと1〜2回転ほどバーを回すだけでしっかり水切りすることができます。 後ほど、私が愛用するおすすめのサラダスピナーをご紹介します。

食べる直前まで冷蔵庫で冷やす

冷たいものは冷たい状態で、温かいものは温かいうちにいただくのが美味しく食べる前提条件です。サラダは最初に作って、冷蔵庫で冷やしておきましょう。その間に汁物や炒め物、煮物や焼物を作っておきます。食べる直前まで冷やしておくことで、より一層おいしく食べることができます。

ドレッシングは食べる直前にかける

お野菜は、シャキッとした食感が持ち味。塩を振りかけて置いておくと水分が出てしまい、ドレッシングなどのソースをかけるとベチャっとなってしまいます。食感をいかすため、調味料は食べる直前にかけるのがベストです。

おすすめのサラダスピナー

Zyliss(チリス)スマートタッチ・サラダドライヤー(L)
おいしく食べるコツでお伝えした、水気をしっかりとるために使用しているサラダスピナーをご紹介します。私が使っているのは、バーを回すタイプではなく、上からプッシュするタイプ。非常に手軽です。さらに押した勢いでずれないよう、底にはしっかりグリップがついているので安定感抜群です。手が汚れていても、気にならずに使用できるのがとてもいいところ。 たっぷり野菜を食べたい時、特に葉物野菜はかさばるため、サラダスピナー(野菜の水切り)が1台あるととても便利です。私が愛用するチリスのサラダドライヤーを少しご紹介します。
直径26センチある大きめサイズ(L)を使用しています。バーをワンプッシュして水切りできる優れもの。1回押せば勢い良く回転するため、水切りとして抜群の性能。また料理中、何かと手が汚れてしまい、その度に手を洗ったりタオルでふくのはおっくうですよね。こちらはたとえ手が汚れている時でも、手のひらや手の甲、もしくは握り拳でポンっと押せば、スマートに水切りできるのがポイントです。
中に入っているざるは、サラダを洗う際にもそのまま使えて便利。洗ったサラダをそのまま土台にセットすることができます。
蓋をかぶせたらバーのロックを解除し、水切りの準備をします。少ない量ならワンプッシュで十分、ワンプッシュ、ツープッシュほど押したら、勢い良く回転します。回転を止めたい時は、バーのすぐ右にあるストップボタンを押せば瞬時に止めることができますよ。
蓋を開けてみると、遠心力で底の周囲に野菜が集まります。簡単にしっかり水切りすることができる「チリスのサラダドライヤー」。良かったら参考にしてみてくださいね。

フリルレタスを食卓に

フリルレタスやクランチレタスは、肉厚で食べごたえのあるレタス。いつもとは違うレタスを使うことで食感を楽しんだり、味の違いを感じたりできるようになれば、味覚も研ぎ澄まされていきます。普段の食生活に少しでも変化があれば、家族との会話も増え、充実した時間を過ごすことができるでしょう。 緑の濃い色合いは目にも鮮やか。通常のレタスよりも栄養がたっぷり詰まっているので、見かけた際はぜひ、手にとって調理してみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ