ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

手こね寿司とは?

Photo by macaroni

伊勢志摩地方の郷土料理「手こね寿司」

「手こね寿司」はちらし寿司の一種で、伊勢志摩地方の郷土料理として親しまれています。カツオやマグロなど赤身の刺身を醤油ベースのたれに漬け込み、酢飯と合わせる料理。

手でこねて作ることから、別名「手ごね寿司」とも呼ばれます。大葉や生姜、海苔などをちらすことが多く、豊かな味わいですよ。農林水産省が開催した「ふるさとおにぎり百選」「農山漁村の郷土料理百選」にも選定されています。

手こね寿司の名前の由来

「手こね寿司」とは、志摩市の漁師が漁の合間に食べる食事が元と言われています。獲れたてのカツオをうすく切って醤油をかけ、酢飯と合わせて手で豪快に混ぜて食べたのが始まりなのだとか。これが「手こね寿司」という名前の由来と言えます。

昭和20年代までは酢飯の上に魚の切り身をのせるだけの簡単な料理でしたが、昭和30年代以降には大葉や生姜などの薬味を上にのせる現在の形に近付いたようです。昭和40年代に入ると志摩地方の郷土料理として着目され伊勢市にも広まり、伊勢志摩地方を代表する郷土料理として知られるようになりました。

手こね寿司に主に使われるカツオの漁は、長時間の重労働なのだそうです。ササッと作って手早く食べられ、しかもとってもおいしい手こね寿司は、漁師の方々にたいへん重宝されたのですね。

手こね寿司の材料

「手こね寿司」の基本的な材料は以下のものです。

・カツオ、マグロなどの赤身魚の刺身
・醤油
・酢飯
・お好みで生姜、大葉、海苔などの薬味

特別な食材を用意しなくても、伊勢志摩の郷土料理を家庭でも作れるのはうれしいですね。

手こね寿司の基本レシピ

「手こね寿司」のポイントは、たくさんの薬味と漬け汁を酢飯にもしっかり混ぜ込むこと。カツオは普段食べる刺身より薄く切るので、酢飯とよく馴染んで食べやすいですよ。

カツオの刺身は、マグロやアジ、ブリ、鯛、サーモンなどに代えてもおいしくいただけますよ。さまざまな刺身を活用して作ってみてくださいね。

手こね寿司のアレンジレシピ5選

1. 薬味を増やして。カツオの手こね寿司

酢飯に大葉や生姜、みょうが、ごまなどさまざまな薬味を加えて、仕上げに刻みねぎとごまをたっぷりとふりかけます。カツオは醤油ベースのたれに漬け込むので、臭みはありません。薬味をふんだんに使うことで風味がアップし、食感や味わいのアクセントにもなりますよ。最後まで飽きずに食べられるひと品です。

編集部のおすすめ