伊勢志摩の郷土料理「手こね寿司」とは?レシピ&おすすめ店をチェック!

みなさんは「手こね寿司」をご存じでしょうか?伊勢志摩の郷土料理で、漁師の方を中心に昔から愛されてきたちらし寿司なんですよ。今回は、その歴史から基本の作り方やアレンジレシピ、手こね寿司が食べられるお店をご紹介します。

2019年6月20日 更新

手こね寿司とは?

お盆の上に置かれた手こね寿司

Photo by macaroni

伊勢志摩地方の郷土料理「手こね寿司」

「手こね寿司」はちらし寿司の一種で、志摩地方南部で郷土料理として親しまれています。別名「手ごね寿司」とも呼ばれています。カツオやマグロなどの赤身の魚を醤油ベースのタレに漬け込んだあと、寿司飯と合わせて食べるんですよ。大葉や生姜、海苔などをちらしていることも多いです。

農林水産省が制定した「ふるさとおにぎり百選」「農山漁村の郷土料理百選」にも選定されているんですよ。

手こね寿司の名前の由来

志摩市の漁師が漁の合間に食べていた食事がもとであると言われています。獲れたてのカツオをうすく切って醤油をかけ、酢飯と合わせて手で豪快に混ぜて食べたのが始まりなんだとか。ここから、手でこねて食べる「手こね寿司」という名前になったんですね。

昭和20年代までは寿司飯の上に魚の切り身をのせるだけの簡単な料理でしたが、昭和30年代以降には海苔などの薬味を上にのせる、現在の形に近づいたようです。昭和40年代に志摩地方の郷土料理として着目されて伊勢市にも広まり、伊勢志摩地方を代表する郷土料理として知られるようになりました。

手こね寿司は昔の漁師にとってファストフードのような食べ物でした。手こね寿司におもに使われているカツオの漁は、長時間の重労働なのだそうです。ササっと作って手早く食べられ、しかもとってもおいしい手こね寿司は、たいへん重宝されたのですね。

手こね寿司の材料

基本的には材料は以下のものです。

・カツオ、マグロなどの赤身魚の刺身
・醤油
・酢飯
・お好みで海苔、生姜、大葉、などの薬味

特別な食材を用意しなくても、伊勢志摩の郷土料理を家庭でも作れるのはうれしいですね。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう