伊勢志摩の郷土料理「手こね寿司」はあっさり味で夏にぴったり!

みなさんは「手こね寿司」をご存じでしょうか?伊勢志摩の郷土料理で、漁師の方を中心に昔から愛されてきたちらし寿司なんですよ。今回は、その歴史から基本の作り方やアレンジレシピ、手こね寿司が食べられるお店までご紹介します。

手こね寿司ってなに?

伊勢志摩地方の郷土料理「手こね寿司」

「手こね寿司」はちらし寿司の一種で、志摩地方南部で郷土料理として親しまれています。別名「手ごね寿司」とも呼ばれています。カツオやマグロなどの赤身の魚を醤油ベースのタレに漬け込んだあと、寿司飯と合わせて食べるんですよ。大葉や生姜、海苔などをちらしていることも多いです。

農林水産省が制定した「ふるさとおにぎり百選」「農山漁村の郷土料理百選」にも選定されているんですよ。伊勢、志摩地方を訪れた際はぜひ食べてみたいですね。

手こね寿司の名前の由来

志摩市の漁師が漁の合間に食べていた食事がもとであると言われています。獲れたてのカツオをうすく切って醤油をかけ、酢飯と合わせて手で豪快に混ぜて食べたのが始まりなんだとか。ここから、手でこねて食べる「手こね寿司」という名前になったんですね。

昭和20年代までは寿司飯の上に魚の切り身を乗せるだけの簡単な料理でしたが、昭和30年代以降には海苔などの薬味を上にのせる、現在の形に近づいたようです。昭和40年代に志摩地方の郷土料理として着目されて伊勢市にも広まり、伊勢志摩地方を代表する郷土料理として知られるようになりました。

手こね寿司は昔の漁師にとってファストフードの様な食べ物でした。手こね寿司に主に使われているカツオの漁は、長時間の重労働なのだそうです。ササっと作って手早く食べられ、しかもとってもおいしい手こね寿司は、たいへん重宝されたのですね。

手こね寿司の材料

基本的には材料は以下のものです。

・カツオ、マグロなどの赤身魚の刺身
・醤油
・酢飯
・お好みで海苔、生姜、大葉、などの薬味

特別な食材を用意しなくても、伊勢志摩の郷土料理を家庭でも作れるのはうれしいですね。

手こね寿司の基本の作り方

1.カツオの刺身をそぎ切りにして、醤油液に漬け込みます
2.酢飯を作り、刻んだ大葉や生姜、白ゴマを混ぜ込みます
3.カツオを酢飯にのせて、細かく刻んだ薬味をちらします

手こね寿司のアレンジレシピ

マグロの手こね寿司

カツオではなくマグロで作っても、とってもおいしい手こね寿司ができますよ。こちらのレシピでは、菜の花やかんぴょうのうま煮もプラスしています。お寿司と相性のよい食材や、旬の素材を取り入れると、オリジナリティも出せますね。

漬けメジナ(グレ)の手こね寿司

そのまま食べてももちろんおいしく、焼き海苔で巻いて手巻き寿司にしても楽しいこちらのレシピ。自分で釣ってきた新鮮な魚で、こんなお寿司を作れたらうれしいですね!シンプルな焼き魚、お刺身のほかに、手こね寿司も調理レパートリーに入れてみてください。

まぐろとアボガドの手こね寿司

女性に人気なアボガドと、赤身魚は相性抜群ですよね!酢飯の上にトレンドを取り入れて、今風にアレンジした手こね寿司は、おもてなしにもぴったり。酢飯の上に具材をのせるのも美しいですが、オリジナルの手こね寿司のように酢飯に混ぜこんでしまってもおいしく食べられそうですね。

手こね寿司を食べられるお店

本場・伊勢の名店と、東京で気軽においしい手こね寿司を食べられるお店をご紹介します!自宅で手作りするのもいいですが、やっぱりプロの味は格別ですよ!ぜひチェックしてみてください。

伊勢名店「すし久」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう