話題沸騰中!真似したくなる辻仁成さんの「半熟煮卵」レシピ

作家、ミュージシャンの辻仁成(つじひとなり)さん。辻さんのツイッターでは毎日息子さんに作る、心のこもった料理が話題となっていますが、その中でも最近投稿した「半熟煮卵」のレシピが、とっても簡単でおいしいと真似する人続出しています!

ムスコめしで話題の作家・辻仁成さん

芥川賞作家でありミュージシャン、映画監督などでも活躍されている「辻仁成」さん。辻さんは仕事のために、パリと日本を忙しく行き来されていますが、ツイッターに投稿されている、家庭的な一面や息子さんへの思いが、多くの人の共感を呼んでいることをご存知でしょうか?

そんな辻さんがツイッターに投稿した『半熟煮卵』のレシピが、とってもおいしいといまSNSや、さまざまなネットメディアで大注目されています。今回は、話題の辻仁成さんレシピ『半熟煮卵』と、半熟煮卵に使用する漬けダレの残りを有効活用したアレンジレシピなどをご紹介します。

辻仁成さん流「半熟煮卵」のレシピ

まず卵を茹で、氷水にとって殻を剥きます。密閉袋に卵と調味料を入れて空気を抜き、冷蔵庫で丸一日漬けておいたら完成!かなり簡単なので、ぜひ一度は試してみたいですね♪

半熟煮卵をおいしく作る「裏技」

この半熟煮卵、辻さんが「裏技」としておいしく作るコツがいくつか紹介されています。その裏技もご紹介します!

このひと手間で殻をむきやすく!

あらかじめ、卵の大きく膨らんでいる側に軽くヒビを入れておきましょう。軽く割ることで、白身が漏れずに空気だけ抜けていきます。その結果、茹でたあと殻がむきやすくなるんです。

黄身を真ん中に寄せて見た目もきれいに

裏技のふたつめは、卵を茹で始めたら1〜2分ほど鍋をゆすること。卵がコロコロと揺れ、黄身が真ん中に寄り、きれいなゆで卵に仕上がります。

味の決め手!漬け時間のコツ

また、漬ける時間を12時間くらいにするとおいしく食べられます。ちなみにレシピの考案者である辻さんは、24時間漬けておくのが好みだそうですよ。12〜24時間の間でご自分の好みの濃さを見つけてみてください。漬け時間によって食べ比べをしてみてもいいですね!

辻さんによると、24時間以上漬けると味が濃くなりすぎて、塩分がきつくなるようなので注意してくださいね。

漬けダレはめんつゆでも代用可能

漬けダレを作る際、わざわざ計量カップやスプーンで計って作るのが面倒な方は、めんつゆで代用してもおいしく作れるそうです。漬けダレをめんつゆにすれば、卵を茹でるだけなので、もっと手軽に半熟煮卵が作れちゃいますね。

あまった半熟煮卵漬けダレのアレンジ

半熟煮卵を作るために必要な「漬けダレ」が残ってしまうのがもったいない!なにかに使えないかな?と悩んでいる方に、インスタグラムに投稿されていた「残りダレを使ったアレンジレシピ」をいくつかご紹介します。

レタス丼の煮卵のせ弁当

実は考案者の辻さんも、残りダレでアレンジした料理を作っていらっしゃいます。こちらは残りダレで作ったレタス丼。オイスターソースを加えてあるそうですよ。半熟煮卵ものせて、色合いもきれいで、食欲をそそるお弁当の完成です!

トマトそぼろ丼

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

haru.

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう