悪魔の誘惑♩パクパクいけちゃう「デビルエッグ」のレシピをチェック!

デビルエッグをご存じですか?直訳すると「悪魔の卵」。なんだか不気味な卵を想像してしまいますが、実はゆで卵をおしゃれにアレンジしたものなんです。今回はデビルエッグの基本レシピと、かわいらしいアレンジレシピを紹介いたします。

2017年9月26日 更新

デビルエッグって何?

デビルエッグ(デビルドエッグ、deiled egg)とはゆで卵を半分にし、黄身を繰り抜いて潰し、マヨネーズやピクルスなどと和えて白身に詰めたもののこと。デビルエッグのデビル(devile)は、スパイシー(ピリッとした)やゼスティー(風味の強い)から来ています。 アメリカではキリストの復活を祝うイースターで食べられるのが一般的で、かなりポピュラーな卵料理です。アレンジも自在で、見た目がかわいくおしゃれなので、パーティやおもてなしにぴったり!普段のおつまみとしてもおすすめです。

デビルエッグの基本のレシピ

材料

・卵 ・マヨネーズ ・マスタード ・黒コショウ ・ピクルス ・パプリカパウダー

作り方

1.固ゆでのゆで卵を作ります。 2.ピクルスを細かくカットします。 3.ゆで卵を半分にカットし、黄身と白身に分けます。 4.潰した黄身と、マヨネーズ、マスタード、黒コショウを混ぜ合わせます。 5.ピクルスを加え、味をみながら塩で調整します。 6.それを白身に詰め、パプリカパウダーを振りかければ完成。

デビルエッグのアレンジレシピ15選

1.わさび漬けデビルエッグ

ゆで卵を半分に切り、黄身を取り出します。黄身にわさび漬け、わさび、塩を加えて潰しながらよく混ぜます。全体的になめらかになったら白身に戻して完成です。わさび漬けを使うことにより、和風のデビルエッグができあがりました。

2.キャビアのせ小デビルエッグ

鶏卵ではなくウズラ卵を使います。茹でたウズラ卵を切り口をギザギザに半分にします。黄身を取り出して、マヨネーズとオリーブオイルで和えて白身に絞りだし、キャビアを添えます。ひと口サイズの極上キャビアのせデビルエッグのできあがりです。

特集

FEATURE CONTENTS