漬けダレはめんつゆでも代用可能

漬けダレを作る際、わざわざ計量カップやスプーンで計って作るのが面倒な方は、めんつゆで代用してもおいしく作れるそうです。漬けダレをめんつゆにすれば、卵を茹でるだけなので、もっと手軽に半熟煮卵が作れちゃいますね。

あまった半熟煮卵漬けダレのアレンジ

半熟煮卵を作るために必要な「漬けダレ」が残ってしまうのがもったいない!なにかに使えないかな?と悩んでいる方に、インスタグラムに投稿されていた「残りダレを使ったアレンジレシピ」をいくつかご紹介します。

レタス丼の煮卵のせ弁当

実は考案者の辻さんも、残りダレでアレンジした料理を作っていらっしゃいます。こちらは残りダレで作ったレタス丼。オイスターソースを加えてあるそうですよ。半熟煮卵ものせて、色合いもきれいで、食欲をそそるお弁当の完成です!

トマトそぼろ丼

あまった漬けダレにたっぷりショウガを入れて、その汁でそぼろを味付けます。お好みでトマトやパプリカ、なす、アボカドなどをいれて、色とりどりな丼ぶりに仕上げてみてください。

ボリュームたっぷりな豚丼

ほかにも残りダレで作ったゆで豚を使って、豚丼を作られている方もいらっしゃいました。肉そぼろ、生姜焼き、親子丼、肉じゃが、野菜炒めなどにも活用でき、捨てることなく使えてとても便利です。 残りダレレシピは、ごはんに合って、お弁当に活用できるものが多いようですよ。毎日の献立やお弁当作りにぜひ活用してみてくださいね!

辻仁成さんの「ムスコ飯」

毎日息子さんのために、お弁当や料理を楽しんで作られている辻さん。マグロを使ったこちらのイタリアン弁当も、とってもおいしそうですよね!お店にでてくるような、クオリティの高さです。こんなおしゃれなお弁当見たことありません!
こちらは、先ほどご紹介した半熟煮卵が入ったお弁当。その横にはなんとチリコンカルネ!こんな贅沢なお弁当を毎日食べれるなんて、息子さんが羨ましいですよね。
そんな辻さんが、日々ツイッターに投稿していた料理写真やレシピが注目され、現在はさまざまなレシピを「WEB女性自身」上にて、連載として公開しています。こちらもとっても話題になっているんですよ。 そしてなんと「世界一小さな家族のためのパリのムスコめし」として、レシピ本まで発行されているんです!毎日活用できて、ちょっとおしゃれな辻さんのレシピ本。興味のある方はぜひ購入してみてくださいね。

ITEM

パリのムスコめし 世界一小さな家族のための

¥1,404 ※2016年06月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ