いまさら聞けない!パクチーとコリアンダーの違いって?

独特の香りから好みが分かれる「パクチー」。今や“パクチニスト”と呼ばれるほどパクチーをこよなく愛する人もいると言われていますが、そこで質問。あなたは「パクチー」と「コリアンダー」の違いを説明できますか?

2018年5月29日 更新

香菜(シャンツァイ)との違い

「香菜(シャンツァイ)」は、パクチーの中国名。中国の東北地方では、羊肉の臭みを取るために使用されています。独特な香りは食欲を増進させる香辛料として、中華料理に欠かせないものとされているのだとか。ニラの代わりとして、餃子の餡に混ぜることが多く、中華がゆのトッピングにも使用されています。

呼び方の違い

タイ語では「パクチー」、中国名では「香菜(シャンツァイ)」、英語名では「コリアンダー」、和名では正式には「コエンドロ」ですが、あの虫の匂いに似ていることから「カメムシソウ」、スペイン語では「シラントロ」、ポルトガル後では「コエントロ」、ベトナム語では「ザウムイ」とも呼ばれます。こんなにいろいろな呼び方があるなんて驚きですね。

パクチーを使い分けて楽しもう

いかがでしたでしょうか。
日本での「パクチー」と「コリアンダー」の違いは植物の使用部分にあったんですね。空前のパクチーブームのいま、日本でも栽培している地域があるようなので、比較的安価なお値段で購入することもできます。みなさんもスパイスとしての「コリアンダー」と、ハーブや野菜としての「パクチー」の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ITEM

パクチー

内容量:1束(100g)〜

¥250〜 ※2018年5月29日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
▼見方が変わる!パクチーは調味料でもドリンクでも楽しめます!
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Hikaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう