いまさら聞けない!パクチーとコリアンダーの違いって?

独特の香りから好みが分かれる「パクチー」。今や“パクチニスト”と呼ばれるほどパクチーをこよなく愛する人もいると言われていますが、そこで質問。あなたは「パクチー」と「コリアンダー」の違いを説明できますか?

2018年5月29日 更新

コリアンダーとパクチーの違いって?

パクチーを使った料理やお酒が火つけとなり、パクチーをこよなく愛する“パクチニスト”を大量に生み出したパクチーブーム。

おもにタイ料理や中華料理に使用され、独特な風味が料理にアクセントをあたえます。その独特な風味から苦手な方も少なくはないでしょう。
しかし、実はパクチーは栄養価も高くビタミン類を豊富に含んでいるので、女性の方は積極的に摂取しておきたい食材でもあるんですよ。
また、デトックス効果や解毒作用を持つ硫黄化合物(イオウ化合物)も含むので、内側からのボディケアに欠かせません。これらパクチーの栄養価や美容効果が期待できるという情報は、以前よりも周知されてきましたよね。

ですが、各料理にトッピングされる「パクチー」と、カレーのスパイスとして使われる「コリアンダー」との違いは説明できますか?意外とご存じない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「パクチー」と「コリアンダー」の違いについて、詳しくご紹介します。

名前の違いはルートの違い

じつは、「コリアンダー」と「パクチー」は同じ植物。日本では香辛料として種子や葉を乾燥させてパウダー状にしたものを「コリアンダー」、葉を生のまま野菜として使用する場合に「パクチー」と呼ぶことが多いそうです。

どうして日本では同じ植物由来の食材を、ふたつの名前で呼び分けているのでしょう。それは、多国籍料理がブームとなったころ、エスニック料理と共に「パクチー」が、そして欧米料理と共に「コリアンダー」が、それぞれ別のルートで日本に入ってきたからだとか。

コリアンダーとパクチーについて

コリアンダーとは

「コリアンダー」はパクチーの英語圏での呼び方。カレーにも使われるスパイスです。その由来は、紀元前から重要なスパイスとして使われてきました。古代エジプトでは、薬や香辛料としてだけではなく「幸福のスパイス」として、死者と一緒に墓に入れる習慣もあったそうです。
コリアンダーはよく熟した種子を摘みとって、乾燥させたものです。葉の部分とは違い、クセの少ない風味なので使いやすく、ソーセージやシチューなどの肉料理や、ピクルスなどの野菜料理、パウダー状にしてチャイドリンクやクッキー、パウンドケーキなどの焼き菓子に使用されています。

甘くさわやかで、ほんのりスパイシーなコリアンダーのパウダーは、桃や洋ナシのコンポートとも相性がよく、かけると風味が際立ちますよ。

ITEM

コリアンダー パウダー

内容量:100g

¥480〜 ※2018年5月29日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

パクチーとは

そして、コリアンダーをタイ語にしたのが「パクチー」です。タイではパクチーの香りと食感を楽しむために葉の部分をサラダにしたり、生春巻きの具材にしたりして、生で食べることが多いようです。茎の部分は鍋や炒めものに調理するとか。
パクチーは、紀元前2世紀ごろの漢の時代の役人が、南シナ海での貿易で中国に持ち帰ったことで、東南アジアに伝わったと考えられています。その後、東南アジア全土に広がりタイに伝わったそうです。
また、パクチーにも種類があります。

まず、日本でもよく見かけるあのパクチーは、タイではパクチータイと呼ばれ、葉だけでなく種も根も料理に使われています。

第2のパクチーとして覚えていただきたいのが、パクチーファラン。こちらは「パクチータイ」の数倍という強烈な香りが特徴で、トムヤムクンなどのスープや、イサーン(東北)料理など、多くのタイ料理で使われています。

そして、第3のパクチーがパクチーラオ。その正体は、イタリアンでおなじみのディル。西洋から伝わった際、ラオスやタイのイサーン地方を中心に広がったことから、この名前で呼ばれています。さわやかな香りが臭みをおさえてくれるので、肉料理によく使われています。

パクチーの味や風味の特徴はもちろん、成分にも注目すべき点があります。パクチーの効果を詳しく知りたい方は、こちらを合わせてご覧ください。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS