ローディング中

Loading...

パクチーの味の例えで持ち出されるのか「カメムシ」や「洗剤」。食べ物なのに食べ物以外の比喩が使われるのには、それらに含まれるある成分に由来していました。今回は、パクチーの味の実食レポや臭いを軽減する食べ方などをまとめてご紹介します!

パクチーの味を例えると「洗剤」「カメムシ」!?

パクチーの味の例えで持ち出されるのが、”カメムシの匂い”や”ほのかな石鹸や洗剤の香り”など、まるで食べ物に与えられる比喩とは思えない表現の数々。

身近な食材でいうと、セロリの葉の部分やセリにも通ずるところがあり、いずれにしても風味にクセのある食材に近いといえます。パクチーが苦手な人のなかには、クセが強い葉物野菜が嫌いな人も多いようです。

今回は、「怖くて食べられない…でも味が気になる!」「どんな味だったか忘れた。でも食べる勇気はない!」といったみなさんに向けて、“パクチーの味”をとことん深掘りした、“におい”のある記事をお届けしましょう!これさえ読めば食べなくても味がわかっちゃう!?

やっぱり強烈!生パクチーの味を実食レポ

パクチーの原産地はインドやタイなどの東南アジアで、現地の料理でよく使われる食材のひとつ。英語では「コリアンダー」、中国では「香菜(シェンツァイ)」などと呼ばれ、国や料理ごとに呼び方が異なります。

タイでは、昔から知られているハーブで、スープや炒めものの香り付けとして使用されています。日本のように生でパクチーを食べたり、サラダのようなメインの具材として食べることはなく、風味を楽しむものなんだとか。風味だけで楽しむ食材"パクチー"の味とはいったいどんなものなんでしょうか。

【見た目】クローバー風のかわいらしささえ漂う

パクチーの見た目は鮮やかな緑色で、イタリアンパセリに似ています。太い茎に細い茎が生えていてそこから葉が何枚も成っていています。強烈な香りがするとは思えないほど小さくてやわらかく、かわいらしい葉です。

【風味】徐々に忍び寄るあの匂い

パクチーを手でちぎっただけで、部屋中がパクチーのフレッシュな匂いでいっぱいになりました。鼻に近づけなくても「まちがいなくパクチーだ!」とわかります。雨が上がったあと、道端に生えた草からモワッと立ち上るような、水気の混じった青い匂い。ちぎった手にもパクチーの匂いが残り、改めてパクチーの強烈さが感じられました。

【味】解き放たれる強烈な存在感!

口に運ぶ前からパクチー臭が漂いますが、いざ実食!

口に入れた瞬間はそれほど味が感じられませんが、あとからじわじわと風味が広がり、噛みしめるたびに口の中が苦味と青い香りで満ちていきます!ピーマンやゴーヤのような鮮やかな苦味ではなく、ひっそりと鼻へ抜けていくほろ苦い味わい。ほのかな甘みも感じられます。

葉はとてもうすく、口に入れると舌にぴったりとはり付きます。三つ葉よりも柔らかいふんにゃりとした食感。舌に残るような固い繊維感もなく、噛みしめるとシャクシャクとかすかな音がきこえます。
パクチーを飲み込んだあとも、口の中にパクチーの風味がモワッと残ります。強烈な存在感!パクチー好きは、生パクチーが山盛りのったサラダをよろこんでモリモリ頬張りますが、この味が苦手な人だったら、生で食べるのはハードルが高いかもしれませんね。

本当だった!臭い成分はカメムシと同じ

実食でも激しく痛感したカメムシ臭ですが、パクチー特有のあの香りには科学的な裏付けがあるようです。

カメムシの臭い成分には、「デセナール」「ヘキセナール」などのアルデヒド類で構成されていることが研究で示されています。そしてなんとパクチーの臭気成分にも「デセナール」「ヘキセナール」の匂い成分が含まれているというのです!つまりパクチーの匂いが、カメムシの匂いと似ているというのは、研究で証明されているということになりますね。

匂いが似ているということから、タイの隣接国”ラオス”では、カメムシと香辛料を一緒に潰し「チェオ」という調味料が作られていて、実際に使われています。

また、カメムシを香辛料として生食や串焼き、炒めものなどとして食べられているんだとか……。日本人の感覚としては信じがたいですが、カメムシと匂い成分が同じとされているという「パクチー」を好きな方は、挑戦してみては?

「あの臭い無理…」は遺伝子レベルで拒否!?

アメリカの遺伝子解析サービス「23andMe」のデータによると、パクチーの好き嫌いには、人間が持っている嗅覚受容体遺伝子のひとつ「OR6A2」が大きく影響していることがわかっているそうです。

パクチーの風味を構成している「アルデヒド」という匂いの成分に、人間が持っている嗅覚受容体遺伝子「OR6A2」が反応します。パクチーが苦手な人は、この「OR6A2」遺伝子に変異がある人で、アルデヒドに対する反応が通常の人よりも過敏に反応してしまうんだとか。

この「アルデヒド」は石鹸や香水、制汗剤にも含まれる成分であることから「OR6A2」遺伝子に変異がある人は「パクチー=食べられないもの」と脳が認識してしまうそうです。冒頭でも触れたように「洗剤の香り」と感じるのも納得ですよね。
さらにアルデヒドは、バニラやシナモンにも含まれています。そのためパクチーが好きでない人は、シナモンやバニラが苦手な人も多いのではないでしょうか。

いわばパクチーが苦手な宿命なんて、味や匂いの好き嫌いなどではなく、遺伝子レベルの先天的なものであるということに驚きですね。

グッと食べやすい!パクチーの風味をおさえる食べ方

続いてご紹介するのは、パクチーの独特な臭いを軽減する食べ方バリエーション。生で食べるイメージが強いパクチーですが、実はドレッシングにしたりペーストにしたりと、アレンジが豊富な食材としても知られているんです。これを知ればパクチー嫌いの人も食べられるようになるかも!?

乾燥パクチー

ドライパクチー

Photo by Shutterstock

乾燥パクチーは、細かく刻まれていて、振りかけ状になっているものが多いです。そのためスープや炒め物に手軽にいれることができるので、取り入れやすいのもうれしいですよね。感覚的には、スープやグラタンなどの中央にかける、ドライパセリに似ているかもしれません。

風味は、生パクチーに比べ格段に下がります。パクチーの独特な香りのパンチが少なく、ふんわりと香る程度。その分苦手な人は食べやすく、料理の使いやすさの幅も広がります。

パクチーオイル

パクチーオイルとは、オリーブオイル、パクチー、塩を一緒に漬け込んだもので、中にはニンニクや鷹の爪で風味付けするものもあります。オイルにもパクチーの味が染み込んでいるので、乾燥パクチーに比べ、香りが高くなりますよ。

パスタや、ドレッシング、チャーハンなどのアクセントとしても使うことができ、幅広い料理に活躍する万能調味料です。ご家庭でも簡単に作ることができるので、ぜひトライしてみてくださいね。

パクチードレッシング

パクチードレッシングは一般的に、刻んだパクチーに酢やオリーブオイル、醤油などと混ぜたもの。パクチー自体は火を通していないため、風味が完全に消えることはありませんが、あくまで野菜がメインなので、サブになるパクチーは生で食べるよりも食べやすくなります。

ごまドレッシングやシーザードレッシングなど、マヨネーズベースのドレッシングにすることでパクチーの尖った風味がマイルドになるので、苦手な方はマヨネーズベースのドレッシングから始めてみましょう。

パクチーペースト

パクチーペーストは、刻んだパクチーをオリーブオイルやドレッシングなどに混ぜ合わせ、ペースト状にしたもの。完全に食感をなくしたものや、パクチーの素材感が感じられるものまで、ペーストといっても豊富な種類があります。

サラダに和えたり、揚げものや炒めもののディップソース、肉料理の味付けに使うなど用途はさまざま。パクチーオイルと違い、味付けがしっかりされているため、パクチーペーストひとつで味付けが決まるのでとっても便利!

パクチーおにぎり

「パクチーおにぎり」とは、めんつゆや醤油、塩などで味付けたあたたかいご飯に、刻んだパクチーを混ぜたもの。パクチーは刻んで入れて、味が付いたご飯と一緒に握るため、パクチーの味というよりも、風味が感じられる程度まで収まります。

苦手意識が強い方は、最初はパクチーの量を減らし徐々に増やしていったり、おにぎりの味付けを濃い目にするなど、工夫次第でぐんと食べやすくなりますよ!

パクチーの食べ過ぎは禁物!

今までさまざまなパクチーの食べ方をご紹介しましたが、パクチーは他の食べ物と同様、食べ過ぎは禁物です。パクチーには毒素を排出する働きや、消化を助ける働きがあるといわれているため、大量に食べるとその働きが大きく発揮されるため、腸の働きが活発になり、下痢や腹痛を起こすと言われています。

さらにパクチー独特の風味の過剰摂取により、頭痛が起きたり気分が悪くなるなどの症状が起きることも。パクチーは適量での摂取を心がけましょう。

またパクチーには「ソラレン」と呼ばれる「光毒性物質」が含まれているため、紫外線の吸収率を高めてしまう可能性も。朝や昼の大量摂取を避けるか、日焼け止めや日傘を使用して、できるだけ紫外線を避けるようにしましょう。

1回にどのくらいまで食べていいの?

パクチーを摂取するのは、多くても1回につき10gを目安にしましょう。パクチーには、100gあたり500mgのカリウムが含まれているため、あまり多く食べすぎると腎臓への負担がかかるといわれています。

スープやチャーハンなどにトッピングをする程度なら、目安量を超えることはありませんが、サラダだとすぐに10gを超えてしまうので注意しましょう。

初心者はパクチーの代用食材からトライ!

乾燥パクチーやパクチー天ぷらなどの食べ方でも、パクチーの独特な匂いに馴れないという方は、パクチーの味に似ていて少しクセのある食材から、少しずつトライしてみるのはいかがでしょうか。

この代用食材に馴れたからといってパクチーが食べられるようになるかは保証できませんが、パクチー嫌いの方が急にパクチーを食べるよりは、食べやすくなるはずです!

また、生のパクチーが近くのスーパーにない!というときでも代用できるので、ぜひトライしてみてくださいね。

刻んだセロリの葉

セロリはパクチーと同じセリ科。好き嫌いがハッキリ分かれる野菜としてカテゴライズされる2つの食材ですが、香り高いセロリはパクチーの代用としてよく使われる食材のひとつです。

セロリの葉は繊維が多いため、そのまま食べるよりも刻んで細かくしたほうが、舌触りや草らしい食感が軽減します。また、刻んで葉の断面を増やすことにより、香りさらに広がりますよ!

セリ

春の七草のひとつである「セリ」。七草粥にいれたり、おひたしにして食べるのが一般的ですが、独特の風味があることから、パクチーの代用にも使用できるといえるでしょう。

セリは茹でたり炒めたりなどと、加熱してから食べる食材です。ですので、パクチーの代用として使う場合は、トムヤムクンや餃子などにいれるのがおすすめ。ライムやナンプラーなどを加えるとより本格的な味わいになりますよ。

三つ葉

おひたしやスープ、飾り葉などとして、さまざまな料理に使用される三つ葉。生でも加熱してでも食べることができます。

ミツバもセリ科なため、独特な香りをもっているのが特徴です。生で食べる場合は、セロリの葉と同じように、刻んで繊維感を減らし、香りを立たせるのがおすすめ。火を通すと、食感や風味が格段に下がってしまうので、パクチーの香りにより近づけたい方は、生で食べてみてくださいね。

人参の葉

人時は出荷前に葉を切り落とすため、オレンジ色の根の部分のみしか取り扱っていませんが、産地の農家などの直接販売の場合手に入れることができますよ。

葉には独特の香りがあり、パセリやセロリの葉に似ているといえるでしょう。生でも食べられるため、そのまま使ってサラダにすると、エスニック風サラダに仕上がります。茎の部分は、食用にするには固いため、代用する場合は葉のみを使用しましょう。

数ある表現、あなたは何と例える?

カメムシや石鹸の匂いがすると言われているパクチーですが、食べ方や調理方法によっては独特な風味が軽減するので、苦手意識をもっている方はぜひトライしみてくださいね。代用から少しずつ風味に慣れていって、パクチーマニアこと「パクチニスト」と同じように、パクチー料理を楽しめたらうれしいです。
▼ 買ったパクチーの賢い保存方法はこちら
▼ 風味をそのまま味わうならやっぱりサラダでしょ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パクチー コーヒー

FELISSIMO PARTNERS (フェリシモパートナーズ)」から、農家直送のローカルなこだわりつまったお取り寄せグルメが登場!作りたての『パクチーペースト』や、鈴木薄荷クリスタルを使った『薄荷珈琲』など…

大さじや小さじは料理するときに便利なアイテム。レシピでもよく見かけますよね。でも、大さじや小さじが家にない場合は、どれくらいの量を足したらよいんでしょう?大さじと小さじの分量の違いなど、大さじ小さじがなくても…

八王子 東京 パン カツ丼 カレー レシピ

八王子のご当地グルメ「パンカツ」を知っていますか?今回は気になる作り方から、パンカツの名店「やまと」の店舗情報まで詳しくまとめてみました。サックサクの見た目に隠されたその味はいかに……?実際に作ってみたので実…

お土産

山梨県で有名なお土産のひとつ「信玄餅」。きなこがこぼれて少し食べにく印象がありますが、実は公式で発表されている食べ方があるんです。その食べ方をマスターすれば、もう食べにくいなんて言わせません!おすすめのアレン…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

まとめ 東京 おしゃれ

今日は絶対麺類!しかも、ラーメンやうどんじゃなくて、スパゲッティがいい。そんなときにお役立ちの、都内で人気のスパゲッティ店をまとめました。それぞれのよさがあるので、気分で使い分けてくださいね。

北海道 クロワッサン

北海道虻田郡真狩村にある「ブーランジェリージン」は売り切れ必須の人気のベーカリー。大自然の水や空気が育んだ、ここでしか味わえない絶品のパンを求めて、毎日遠くから足を運ぶ人が絶えない人気店です。

mchi31

趣味は食べること。特技は美味しそうに食べること。休日の過ごし方はお...

ページTOPに戻る