ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

暑い夏はゴーヤで乗り切ろう

この季節、夏の暑さが心地よいという人もいれば、暑いと夏バテ気味になってしまう、という人もいます。そんな夏の暑さにやられてしまう、という方におすすめしたいのが、ゴーヤチャンプルーなんです。 ゴーヤは夏が旬の野菜。旬を迎える野菜には、その時期を乗り切るための栄養素がたっぷり詰まっているのです。今回はそんなゴーヤをおいしく食べられるゴーヤチャンプルーの、基本のレシピとアレンジレシピをご紹介します!

基本のレシピをご紹介

木綿豆腐、モヤシ、豚肉、卵とゴーヤを使った基本のゴーヤチャンプルー。ゴーヤはさっと下ゆですることで色鮮やかに仕上げること、またすべての具材を炒めすぎないようにすることがポイントです。お豆腐もしっかり水切りをすることで仕上がりが水っぽくなりません。 材料がそろったら一気に過熱していきます。最後に入れるたまごの加熱は予熱で十分です。しゃきしゃきのお野菜の食感とお豆腐や卵のとろっとした食感で楽しんでください。

アレンジ豊富!ゴーヤの変わり種レシピ7選

1.パルミジャーノでゴーヤチャンプルー

ツナ缶を丸ごと使います。炒める油もツナ缶のオイルを使いますのでツナ缶のうまみが楽しめることと、仕上がったときに全体の味がまとまってきます。 下ごしらえをしたら材料をポンポンとフライパンに入れていくだけのレシピなのでとっても簡単!加熱時間も5分程度です。パルミジャーノの香りとうまみが、ゴーヤがちょっと苦手な方でも食べやすくしてくれますよ。

2.コンビーフのゴーヤチャンプルー

玉ねぎを加えると甘味を感じる炒め物になります。豚肉の代わりにコンビーフを使っているので炒め時間が短くできますよ!食欲がないときにでも食べやすく、お豆腐やたまごでタンパク質も取れるので積極的に食べていきたいですね。

3.ひとくちゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルーの具材を炒めるのではなく一口サイズに巻いたアレンジレシピです。豚肉に薄切りにゴーヤとお豆腐を置いてクルクルと巻きます。卵液につけて焼きますのでたまごの風味も楽しめるんですよ!ひと口で食べられますのでお弁当のおかずにもピッタリです。

4.ゴーヤのチーズイン豚肉巻き

先ほどはゴーヤに木綿豆腐を巻いていましたが、こちらはチーズを巻きました。チーズはゴーヤの苦みを抑えてくれる役目も果たしてくれます。巻いて焼くだけの簡単レシピで、お子様にはこちらのようにバーベキューソースのほうが食べやすいですよ!チャンプルー風にするならごま油で焼いてお醤油で味付けにするのがおすすめです。
▼動画でわかりやすく!こちらのレシピも同時にチェックしよう♩

特集

FEATURE CONTENTS