ライター : 上田 裕美

管理栄養士

J.S.Aソムリエ、調理師。栄養専門学校を卒業後、都内イタリア料理店で専門的な料理とワインの知識を学ぶ。管理栄養士資格を取得し、在宅訪問栄養指導、病院や保育園で献立やレシピの作成…もっとみる

お腹がすいたとき!夜中のごはんを避けるべき理由

体重が増える

夜は活動量が落ちるため消費エネルギーが少なく、食事から摂取した余分なエネルギーは、体脂肪として蓄積されやすい時間帯。

また、体内にはBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質があります。BMAL1は脂肪の合成を促進するはたらきがあり、日中は少なく、夕方から深夜にかけてしだいに増えるという特徴があります。

そのため、同じものを食べても日中は太りにくいですが、夜中は脂肪になりやすいため、肥満を招く原因になりますよ。(※1,2)

睡眠の質が悪くなる

夜遅い食事は、睡眠の質にも大きく関わります。寝る前に食べると、食べ物を消化するために胃腸が活発に動き、寝つきが悪くなる原因に。

質の高い睡眠を目指すためには、寝る2〜3時間前までに食事を終わらせるのが理想的です。(※3)

朝食の欠食につながる

睡眠中は胃腸の動きが弱まり、夜遅い時間に食事を摂ると、朝まで消化しきれず胃の中に残ります。そのため、翌朝の胃もたれを起こす原因になり、朝食を食べられなくなるといった悪循環に陥る場合も。

さらに朝食を抜くと、体はエネルギー不足によって、一時的に飢餓状態に。次に食べ物を摂取したときに、より栄養を溜め込もうとします。朝食欠食が習慣化すると、太りやすい体質になるおそれがありますよ。(※4,5,6)

どうしても夜食を食べたいときにおすすめの方法

食べるものを見極める

夕食の時間が遅くなったり、お腹が空いてたりして夜食を食べたいときは、食べるものに注意することが大切。例えば、ラーメンや揚げ物など、脂質が多く含まれている食べ物は消化に時間がかかるため、できるだけ避けましょう。

おすすめは、消化しやすく、糖質やカロリーが低い食材。また、豆腐や納豆、卵、牛乳、バナナなどの食材には、睡眠を促すメラトニンの材料になる、必須アミノ酸のトリプトファンが含まれていますよ。(※3,7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ