塩の量がポイント!最高においしい枝豆のゆで方

暑くなると、ビールと一緒に枝豆が食べたくなる方も多いのでは?ほどよい塩加減の枝豆は、食べ始めるとつい手が止まらなくなりますよね。ちょっとしたコツで、もっとおいしい枝豆が食べられるんです。枝豆を数倍おいしくする茹で方のポイントをご紹介!

おいしい枝豆を食卓に

日に日に気温が上がってくると、キンと冷えたビールを仕事のあとに飲むのが楽しみ!という方も多のではないでしょうか。一気に流し込む冷たいビールの喉越しだけでも十分幸せかもしれませんが、塩気の効いたホクホクの枝豆があれば、もっと頰がゆるみそうなもの。

枝豆は、茹でる時にほんのちょっと工夫するだけで、いつもより数倍おいしく茹で上げることができます。今年の夏は、手が止まらなくなる枝豆を堪能しませんか?

おいしい枝豆を選ぶ4つのコツ

おいしい枝豆は、やはり新鮮なものが一番と言います。次の4つに注意すると、新鮮な枝豆を選ぶことができますよ。

1. 小さいものに価値あり

枝豆は、未成熟な大豆って知っていましたか?実が成長してしまうほど、枝豆としての鮮度が低くなり、風味も損なわれてしまうんです。はちきれんばかりにパンパンの枝豆は避けましょう。つぶつぶと小さく、それぞれの大きさに個体差がないものを選ぶと良いですよ。

2. 枝付きがおすすめ

スーパーによっては、網状の袋に入った枝豆が売られていることがありますが、枝から離すことで鮮度が失われてしまいますので、ぜひ枝付きのものがおすすめです。また、一本の枝に多くのさやがついているほど鮮度が高いといいます。

3. 鮮やかな緑のものを

多くの野菜やフルーツにも言えると思いますが、緑があざやかな枝豆がやはりおいしいようです。さやの色はもちろん、枝そのものや、葉の色もできるだけ鮮やかなものを選ぶといいでしょう。

4. ピンとしたうぶ毛がびっしり

最後のポイントは、さやに生えるうぶ毛。目を凝らしてよく見てみましょう。さや全体に、ピンと立ったうぶ毛がびっしり生えているものが良いそうです。

下処理も大切です

良い具合の枝豆を選んだあとは、いよいよ茹でていくのですが、その前に大切な下処理ポイントがあります。これをすることで、ちょうど良い塩加減を実現できますので、ぜひ忘れずにやってみてくださいね。

下処理の手順

1. 枝からさやを外す
2. キッチンバサミなどでさやの両端を数ミリカット
※ 塩が染み込みやすくなります
3. さや切りした枝豆(250g)に塩10gを塩揉みする
※ 旨みがアップします

おいしく茹でるコツと手順

下処理をした枝豆がスタンバイできたら、メインの茹で作業へ。最もおいしく感じる塩加減は、塩分濃度4%。この状態で茹でることが重要です。

茹で方と注意点

茹で水1ℓ対して塩を30g使います。下処理の際に10gの塩を使っていますので、合わせて40gの塩を使用すれば、塩分濃度4%の状態をつくることができます。

1. 1ℓの水を火にかける
2. 沸騰した湯の中に30gの塩を入れる
3. 下処理をした枝豆を鍋に入れる
※ 塩もみした後は洗い流さず、ざるに残った塩もすべて投入!
4. 4分程度茹でる
※ 豆の大きさに合わせて、食感に少し固さが残る程度に茹でる
5. ざるにあげてうちわで冷まして出来上がり!
※ 冷水で冷ますと塩加減が変わってしまうので、うちわで熱を下げる

冷凍枝豆をおいしく食べるには?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう