糖質制限との違いは?「MEC食ダイエット」のやり方&おすすめレシピ

注目を集めたダイエット法「MEC食」。糖質制限とも似た食事術ですが、3つの食材でお腹一杯になろう!というわかりやすさが人気です。今回は、そんなMEC食ダイエットのやり方やおすすめのMEC食レシピなどをご紹介します。

ダイエット効果が期待できる「MEC食」とは?

「MEC食」という新たなダイエット法が、一躍ブームとなりましたね。これは沖縄県那覇市のこくらクリニック院長、渡辺信幸さんが考案した食事療法で、「予防医学」という点から患者さんに指導し、大きな成果を挙げられています。

ダイエットはもとより、美容効果まで、数千を超える体験例が集まっているとか。

お肉、卵、チーズ中心の食生活

MECとは、「Meet(お肉)」「Egg(卵)」「Cheese(チーズ)」の頭文字を取ったもの。この3つの食材でお腹を満たせば、一日に必要な栄養素はほぼ摂れて、結果的に炭水化物(糖質)をほとんど摂らずに済む、というのが基本的なメカニズムです。

糖質制限ダイエットとの違い

このようにして見ると、MEC食は糖質制限とよく似ているように思えますね。ただし、糖質制限が"引き算の考え方"だとすれば、MEC食は"お肉・卵・チーズでおいしくお腹一杯になろう"という、もう少しポジティブでわかりやすい提案。

「糖質を摂らない」というのではなく「高たんぱく・高脂質のものを積極的に摂る」という考え方は、我慢が必須だと思っていたダイエッターのみなさんにとっては、革新的なのではないでしょうか。

ITEM

渡辺信幸 著「肉・卵・チーズで人は生まれ変わる」

¥1296〜 ※2018年10月4日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

MEC食ダイエットのやり方

お肉、卵、チーズを積極的に摂る!と言っても、ただ単に食べ続ければいいというわけではありません。ダイエット方法をしっかり把握しておくことが大切です。

一日に摂取するMECの量

まずは、中心として食べる「お肉」「卵」「チーズ」の、一日の摂取量についてご紹介します。

お肉……200g以上
卵……3個以上
チーズ……120g以上


お肉やチーズの種類は何でもよく、卵はうずら卵でも良いとのことなので、制限が少ないのが嬉しいですね。これなら早速チャレンジできそうです。

ひと口に30回以上噛む

MEC食ダイエットでは、"よく噛んで食べる"というのが大切。ひと口あたり30回以上しっかり噛んでから、次のひと口を入れましょう。噛む回数が少ないと満腹中枢が刺激されず、必要以上に量を食べてしまいます。かならず、30回は噛むようにしてくださいね。

運動も取り入れる

MEC食を取り入れているからといって、それだけで痩せる……というわけにはいきません。これはどのダイエットにも共通のことですが、適度な運動は忘れないようにしましょう。高たんぱくな食品を摂取して運動をし、筋肉をきちんとつけることが痩せ体質になる近道ですよ。

野菜の摂取はどうする?

基本のMEC食のやり方を紹介しましたが、ダイエットといえば、野菜の摂取は基本だと思っている方、多いでしょう。

実は野菜は食物繊維が多く、肉より消化が悪いと言われています。食べるときは、生のまま食べずに加熱して食べることをおすすめします。

どれくらいで効果が現れる?

ダイエットをするうえで気になるのは、やはりどれくらいの期間で効果が現れるのか、ですよね。これはその人の体質や普段の生活習慣によって変わってくるので、一概に「この期間には必ず!」ということは言えません。

参考までにお伝えするなら、早い人だと1週間ほどで目に見える効果が現れることもあるようです。ただし、MEC食はしっかり食べて痩せ体質を作るダイエット法なので、基本的にすぐ痩せるということは期待しないほうがいいでしょう。

3ヶ月から半年ほど続けていれば、満足いく結果が出るはず。焦らず無理せず、自分のペースでダイエットをおこなってくださいね。

ダイエット中に食べたいMEC食レシピ5選

特集

SPECIAL CONTENTS