お腹一杯でダイエット!注目の「MEC食」アイデアレシピまとめ

いま、最も注目を集めるダイエット法「MEC食」。糖質制限とも似た食事術ですが、3つの食材でお腹一杯になろう!というわかりやすさが人気で、実際に試してやせた人もたくさんいるのだとか。今回は、MEC食のアイデアレシピを中心にまとめました。

ダイエット効果抜群のMEC食

「MEC食」という新たなダイエット法が最近、一躍注目を集めていることをご存じですか?沖縄県那覇市のこくらクリニック院長、渡辺信幸さんが考案した食事療法で、「予防医学」という点から患者さんに指導し、大きな成果を挙げられています。ダイエットはもとより、美容効果まで、数千を超える体験例が集まっているのだそうです。

MECとは、Meet(お肉)、Egg(卵)、Cheese(チーズ)の頭文字を取ったもの。この3つの食材でお腹を満たせば1日に必要な栄養素はほぼ取れて、結果的に炭水化物(糖質)をほとんど摂らずに済む、というのが基本的なメカニズムです。

ここからわかるように、MEC食と昨今流行りの糖質制限は一見よく似ています。ただし、糖質“制限”が「引き算の考え方」だとすれば、MEC食の場合、「お肉、卵、チーズでおいしくお腹一杯になろう」という、もう少しポジティブでわかりやすい提案。そうした内容がウケて、最近のブームにつながっているようです。

カロリー計算よりも、食事のバランスよりも、重要なのは「肉・卵・チーズ」の3種の神器。では、具体的に、一日にどの程度の量の肉・卵・チーズを食べればよいのでしょうか?

MEC食の基本のやり方

MEC食では、1日に肉200g、卵3個、チーズ120gを摂取量の目安としています。ここに、少量の野菜でビタミンCを補ってください。加えて、一口ごとに30回噛んで食べること。これがMEC食の基本的なやり方です。

この摂取量では足りない、と思ったら、もっと増やしてもかまいません。ただし、30回噛むクセがつくと、自然と上記の量でも満足感を味わえるようです。

とはいえ毎日、肉、卵、チーズを食べるとなると、レシピを少しでも増やしたいところ。そこで、肉、卵、チーズを上手く活用したアイディアレシピをご紹介しましょう。

MEC食のアイデアレシピ

エビとチーズとおからのサラダ

卵とおから、ともに栄養たっぷりな食材を上手く使ったレシピです。エビの旨みとチーズのコクに、豆板醤の辛さがいいアクセントになって食べ応え十分。卵とチーズを同時においしく食べられるので、MEC食にぴったりのサラダに仕上がっています。

まるでポテトサラダのような見た目と味わいですが、お芋は入っていないので、糖質が抑えられている点でもおすすめのひと品です。

鶏もも肉と卵のコーラ煮

こちらのレシピも、MECのうち、効率よくお肉と卵が一緒に楽しめるおかず。ボリューミーなので、ご家族でも楽しめそうなひと品です。鶏肉を豚肉に変えてもおいしく食べられますし、他にも代えがききそう。ご自身でアレンジしてみてください。

炭酸の効果か、お肉が柔らかくなる時間が早いそうで、煮くずれに注意しましょう。コーラは糖質ゼロを使用しており、よりMEC食に対応したレシピになっています。

豚肉の照り焼き

豚肉を焼いて、手作りバジルソースに絡めたシンプルなレシピ。とはいえ、バジルソースにニンニクや粉チーズを合わせることで、複雑な風味を楽しめるひと品に仕上がっています。市販のバジルソースはみりんを加えたものも多いようで、糖質が少々心配。みりんを加えない手作りのバジルソースなら、糖質も自然と抑えられるので安心です。

衣なしで調理する肉料理は、MEC食ではとても重宝します。ぜひいろいろなバリエーションを楽しんでみてください。

ハラミステーキ

こちらもシンプルなお肉のステーキ。ハラミの部位を使い、塩こしょうのみで味付けしたもの、ハーブで下味をつけたものなど、バリエーションを変えて豪快に楽しめます。ハラミは火をしっかり通しても柔らかく食べやすいので、焼き加減はお好みで。

今日はお肉の日と決めて、心ゆくまでたっぷりとお肉を食べられるのも、MEC食のメリットといえます。

卵と豆腐の丼

お米の代わりに卵と豆腐を上手に使って、栄養満点の丼レシピです。豆腐はきちんと水切りするのが、素早く仕上げるコツ。上に低糖質のカレーをかけるなど、アイデアも自由自在です。いろんなレシピを考えながら実践するのも、楽しいものですね。

簡単チーズケーキ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう