ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

ブルーチーズとはどんなチーズのこと?

ブルーチーズとはその名のとおり、青いカビの働きによって熟成させるナチュラルチーズです。起源は2,000年以上前の古代ローマ時代までさかのぼり、当時の文献に記述があるとされています。以来ヨーロッパを中心に、いまやアメリカや日本を含むいろんな国で製造されるように。

白カビのカマンベールと違って、ブルーチーズは表面だけでなく、内部にも青カビが繁殖するように作られます。そのためチーズを切った断面が大理石みたいな、青いマーブル模様になっているのが一番の特徴です。

世界3大ブルーチーズをチェックしてみよう

ブルーチーズにはさまざまな種類がありますが、なかでも代表的なのが「世界3大ブルーチーズ」と呼ばれるもの。ゴルゴンゾーラとスティルトン、ロックフォールの3種類で、それぞれの特徴について簡単に説明します。

もっともマイルドで食べやすい「ゴルゴンゾーラ」

数あるブルーチーズのなかでも、よく耳にするのがこの「ゴルゴンゾーラ」ですね。イタリア・ミラノ近郊にある町の名前が、そのままブランド名になっています。DOP(イタリア原産地名称保護制度)により、厳格に生産地が限定されているチーズ。

ゴルゴンゾーラはクリーミーでほんのり甘いドルチェと、青カビが多くピリッとした辛口のピカンテに大別されます。日本ではクセが少なくてやわらかく、料理に使いやすいことから、ドルチェタイプのものが圧倒的に人気です。

エリザベス女王の好物として有名「スティルトン」

イギリスのエリザベス女王が来日した際、宮内庁が本国から空輸で取り寄せたとの逸話があるほど、女王の好物だとされます。イギリスの指定された3州のみで生産し、厳格な規定のもとに製造されたものだけが、「スティルトン」を名乗れるのです。

強い香りとなめらかな口当たり、濃厚な味わいのなかにピリッとした辛さをあわせ持つブルーチーズ。かつてこのチーズを食べると変な夢を見やすいという、英国チーズ協会の調査報告があり、当時の話題になったことがあります。

羊乳で作る濃厚な味わいが魅力「ロックフォール」

3大ブルーチーズのなかで唯一、羊の生乳から作られるのが「ロックフォール」です。フランス南部のロックフォール村にある、山の洞窟から採取した独自の青カビで熟成させるチーズ。厳格な生産工程が定められていて、AOC(フランス原産地統制呼称)に指定されています。

フランス最古のチーズといわれていて、刺激的な香りと風味、強い塩味のなかにしっかりした旨味があるのが特徴。塩気が強いためはちみつをかけたり、ドライフルーツと合わせたりと、甘めに調理するのが好まれるようです。

ブルーチーズのパスタ&リゾットレシピ5選

ブルーチーズを使う料理にはいろんなものがありますが、日本では特にイタリアンで使用されることが多いですね。イタリアンの代表料理である、パスタやリゾットのレシピを紹介します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ