食べる量

身体活動レベルによって差がありますが、18~29歳の推定エネルギー必要量は男性で2,300kcal〜3,050kcal、女性で1,650kcal〜2,200kcalです。(※10) 一食分だと650kcalくらいが目安になるため、餃子のみを食べるなら12〜13個程度を上限にしておきましょう。ほかのものと合わせて食べるなら、その都度食べる量を調節してくださいね。

餃子ダイエットの注意点

ご飯やアルコールには気をつけて!

食欲そそる香りで味も濃い餃子を食べるときは、どうしてもご飯やアルコールの誘惑が襲ってくるでしょう。しかし、いくら餃子が栄養バランスに優れているからといって、ほかのものを食べすぎては元も子もありません。 ついつい食べすぎてしまわないように、カロリーが低い副菜や足りないビタミンを補うフルーツなど、バランスを考えながら献立を決めてくださいね。

寝る3時間前までには食べる

生活習慣によってはむずかしいこともあるかもしれませんが、なるべく就寝3時間前までには夕食を済ませておきましょう。 これは餃子ダイエットに限ったことではありませんが、食べ物を食べてすぐ寝ると身体に蓄積される脂肪量が多くなります。さらに、消化のために胃が動き続けるので、睡眠の質も下がりやすくなります。

手作りして、さらにヘルシーに!

油を使わず蒸し焼きに

上で焼き餃子は1個あたり53kcalと書きましたが、自分で作ればカロリーを抑えることもできます。簡単な方法は油を使わずに焼くこと。クッキングシートやアルミホイルで餃子を包んでフライパンやせいろで蒸し焼きにすれば、グッとカロリーを抑えられますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ